名倉F●ckers ~幽体離脱夢精奇譚~

★☆★ 幽体離脱や明晰夢で欲望叶えようぜ ★☆★ 体外離脱(幽体離脱)法、夢見法、イメージトレーニング、離脱日記、夢日記、名倉(離脱後の世界)の探究、双子(体外離脱誘導サウンド)等の離脱補助アイテムの開発

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
悪夢のような名倉行ってきた

いわゆるサイレント名倉だが
いつもより雰囲気がホラー度5割り増し
くらいでなかなか楽しめた

何とか雰囲気を出来るだけ伝えるよう努力するが

…伝わるかな

徘徊法して自分の部屋のすぐ外に名倉ワープ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

家のレイアウトが変わっていた

階段を降りるはずなのに目の前には昇り階段
階段は薄暗く、どこからかトンネル内の
ナトリウムランプのような橙色の明かりで照らされていた

何やら怪しげな雰囲気にwktkしながら
早速階段を昇って行く

おわっ

階段を昇りきったと思ったら
最後の一歩の左足で階段を踏み外した

慌てて両手で左右の壁を押さえて事なきを得た

フー危ない

踏み外した左足を階段最上部へ置く

と思ったらまた踏み外した
何度も踏み外した

踏み外すと言うより左足が床を捕らえられていないのだ
そこに床板があるのに左足はすり抜けてしまう

と同時に床を踏みしめている右足裏が
じわりじわり痛くなってきた

たまらずケンケンしながらちょっと先にあった扉の奥へ
中に入ってみると屋根裏部屋のような空間だった
そして何故か寒気がしてきた

窓があったが板で打ち付けられていた
部屋の中は殺風景で鏡が一つ、他は何もない
ついでに入ってきた扉は消失していた

鏡に手を突っ込めたので迷わず入ってみた

鏡の中もほぼ同じ部屋だったが
鏡の背後の壁が全面鏡張りに変わっていて
窓に打ち付けてあった板が一部外れていた

今度は窓から脱出して飛び降りた

飛び降りた途端、金縛り真っ最中のベッド上へ戻ったので
すかさずローリング

部屋を出ると自分の家だったが寒気継続
電気を点けるが薄暗くわずかな灯りがともるだけだった

階段を降りて廊下へ

廊下は怪しく青白くかすかに光っていた
いわゆる出そうな雰囲気が立ち込めていた
若干恐怖を覚え、むしろますますwktkした

こりゃー、鏡で恐怖イベントだろー
と思い洗面所へ
洗面所の電気は点かない、ディモールト良いぞ

鏡を覗く、でも何も起こらない

「うどんげいるかー?」

何も起こらない

廊下に出て、パートナーいるかーと呼びかけるも
何も起こらない

ここでパートナーに敬称付けると出てくる説を思い出した
でもいろんな敬称つけても何も出てこない

パートナーじゃなくても魑魅魍魎くらい出てきて欲しいのに

もしや屋外に魑魅魍魎が徘徊してるのか?

「リレミトっ!」

唱えると同時に天井にジャンプ
俺の上半身まで天井に吸い込まれたが
ズリョっとそのまま出てきた

失敗か~と思ったら玄関のすぐそばにいた
微妙に成功したのか

玄関から外に出ようと思ったら
何かがうずくまっている

そして何故か両腕が動かなくなった
足は普通に動くのだが両腕だけ部分的に

その物体が貞子っぽい動きでゆらーりと立ち上がった
白い服を着ていて顔は確認できないが少女っぽかった

「君がパートナーだな?何も言わなくても分かっているぞ
迷わずに俺…」

ここで無情にもフェードアウト
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ちょwww
セリフ最後まで言えてないw
2007/07/16(月) 20:48:13 | URL | 名無しのリダンツァ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ftgfinder.blog103.fc2.com/tb.php/94-9908cd23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。