名倉F●ckers ~幽体離脱夢精奇譚~

★☆★ 幽体離脱や明晰夢で欲望叶えようぜ ★☆★ 体外離脱(幽体離脱)法、夢見法、イメージトレーニング、離脱日記、夢日記、名倉(離脱後の世界)の探究、双子(体外離脱誘導サウンド)等の離脱補助アイテムの開発

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は超短期離脱3回程度なので、趣向を変えて
離脱に至る過程をメインに書いてみる

未離脱者などへのヒントになれば幸いだ

2度寝時にクーラーの音と同程度で
双子をかけて妄想開始
スランプの間に基礎妄想力をかなり鍛えたおかげで
もはや自室の大体の色付き景色が目に浮かぶ

妄想の中で右手だけ具現化して(肩と肘の中間から先くらい)
部屋に散らかっているものを思い出して配置していく
触覚もそこそこ妄想できる
ほぼ置き終えたところで自室を出る

左手に切り替えてみたがなぜか弱弱しい細腕にしかならない
なのでふたたび右手に切り替えて徘徊

で、居間に行ってまた覚えているだけ配置
台所に入る

火をつけてお湯を沸かす
しかし、縁起でもない気がしたのですぐに消した

酒の瓶を手に取って飲む
のど越しまでは妄想できたが味までは無理だった

とりあえず、家の全ての窓を開放して家の外へ出た
ここまで自分視点

家の近くもわりと妄想できた
周りの壁を拳で破壊しまくってイメージトレーニング

最寄の駅へ向かう

と思ったら、車がよく通る通りまで出てきた時点で
妄想があやふやになってきた(ベッドの上の意識はハッキリ)
ついでに第三者視点に切り替わった

で、妄想に夢中になってベッドの上の感覚を
忘れるような気配が全然無いのでいったん中断

明け方が近くなったのでアイマスク着用
あと、双子の音量をかすかに聞こえる程度に落とした
(クーラーとかの周りの音の方が大きいくらい)

で、再び妄想開始、すぐに違いに気づいた
さっきまでは妄想してる間も
完全に双子の音が聞こえていていたのに
今回は妄想している間に音が飛ぶ
気づいたら次の曲に行っていたりする

その後、徐々に意識レベルがダウンしていくのを感じ取った
そして意識を失わないように妄想出力Max
いきなり妄想の自室が現実並みにクリアーになった

すかさず幽霊移動の要領で起き上がる
(横になっている状態から立ち上がった状態へ
棒のように、足や頭の軌跡が直線的な移動
数学で言う線形変換のような感じ)
離脱成功

アイマスクを付けている感覚があるが周りが見えている
自室を出て階段を降りる
途中でアイマスク復活して視界がさえぎられた
すぐにむしりとるがまた復活
アイマスクごしに透視して視界回復

洗面所へ向かうと中から中年女出現
目があった瞬間、ベッドに意識が戻った

再び妄想、しばらくして同様に離脱
(妄想中の台所では意味不な脳内声発生)
またすぐに戻された

アイマスクを外してタオルを頭にかけて挑戦
今度は妄想の廊下へ飛び込んで離脱成功
顔の圧迫感とかも無い
とりあえず洗面所へ

洗面所の隣の便所のドアが開いていて
野郎が用を足していたので華麗にスルー
洗面所のドアを閉めておく

鏡を覗くと鏡に映った浴室に双子の全裸の女が出現
だが、ちょっとブスだった
かろうじてやれないことは無いレベル
年齢は10代後半から20代前半くらい中肉中背

俺「お前らがパートナーってことは無いだろうな?」
片割れ「まあ、あたしは芸術的な美しさを持っているけど」
俺「寝言は寝て言えよ」

とりあえず胸を揉んだ
やろうとしたらベッドに戻された
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ftgfinder.blog103.fc2.com/tb.php/91-ab5ba5ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。