名倉F●ckers ~幽体離脱夢精奇譚~

★☆★ 幽体離脱や明晰夢で欲望叶えようぜ ★☆★ 体外離脱(幽体離脱)法、夢見法、イメージトレーニング、離脱日記、夢日記、名倉(離脱後の世界)の探究、双子(体外離脱誘導サウンド)等の離脱補助アイテムの開発

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4時に目覚ましかけて
4時3分に目が覚めた
目覚ましを止めた記憶が全く無い

まぁ、あまり気にせず双子をセットして
タオルケットを頭にかけて妄想開始
かかっていた双子から判断して
60分ほど妄想して夢に入ったようだ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

俺はパソコン教室に通っているようだ
教室は象牙色の壁と机で
各机にパソコンが置いてあった
教室の右後ろが俺の席だった
時間は06:00とディスプレイに表示されている

右の壁をぶっ叩いてみたら壁の向こうから
「静かにしろ」と文句が来た

06:08に幽体離脱した
(あくまで「幽体離脱した通常夢」であって
ようするに半ロールプレイング状態)

幽霊状態になって下の床をすり抜けてみたら
そこは普通のオフィスだった
下の階に降りても降りても普通のオフィスだった

本体から俺がいなくなって大騒ぎになってるような
声が伝わってきた

驚かしてやろうと俺は戻った
俺は教室の正面(ホワイトボード設置側)から
空中に浮きながら登場

しかし奴らはノーリアクション
つまらないので本体に戻った

表示は06:10
何事も無かったかのように授業やってる

授業が終わったら飲みに行こうという事になった

━━━ここで飲み会終了までの記憶は途切れている━━━

店から出るとゲーセンの中だった
2次会がどうなるのか良く分からんまま流れ解散になった
とりあえずいろいろゲームしてみる

で、飽きてゲーセンから出たら螺旋階段があった
ひたすら降りて地上に戻ったら
そこにリアル知り合い(女:ちょいブス)がいた
色々話してたら携帯が鳴った
そして、2次会やるからさっきの店に来いと言われた

なぜか俺は女を抱きかかえて階段を昇って行った
途中、ディープキスしまくった
感触がすっげーリアルだった

昇りきったら、あいかわらずゲーセンの中に店という
ありえない構造だった

ここで女と別れて2次会に参加した
俺はその最中、女にメールを送っていた
しかもあり得ないほどキモイ顔文字を多用しまくってた
自分でも引いた

しかも、メールのやり取りをしていたと思ってたら
どっかの掲示板だったようだ(2chとレイアウトがちょっと違う)
キモイ、氏ねなどのレスが怒涛のようについている
しかも自分の名前さらしちゃってる俺オワタ

ここで目が覚めた
携帯で時間を確認したら0時52分だった
全て夢だったのかと思って双子をセットして
目を瞑った

その後リアルに目が覚めた
5時23分だった
双子がまだ再生されていたので4時3分に起きたのは
現実のようだ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ftgfinder.blog103.fc2.com/tb.php/43-642b5209
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。