名倉F●ckers ~幽体離脱夢精奇譚~

★☆★ 幽体離脱や明晰夢で欲望叶えようぜ ★☆★ 体外離脱(幽体離脱)法、夢見法、イメージトレーニング、離脱日記、夢日記、名倉(離脱後の世界)の探究、双子(体外離脱誘導サウンド)等の離脱補助アイテムの開発

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
>初夢
>初夢(はつゆめ)とは、新年のある夜に見る夢。この夢の内容で、1年の吉凶を占う風習がある。
>字義どおりに新年最初に見る夢とされることは少なく、現代では、元日(1月1日)から2日の夜、または、2日から3日の夜に見る夢とされることが多い。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%88%9D%E5%A4%A2

というわけで、昨日よりも今日の方が本命の初夢な訳だが
見てはいけないものを見てしまったようだ
俺は野原を歩いていた
ここに至る経緯もあった気がするがほとんど覚えていない
というか、これからのことが濃すぎて消し飛んだ

少し離れたところにフリーフォールのような乗り物の乗り場があった
スキー場のリフトのような形状をしていて、黄色いプラスチックでできていて
はるか上空から棒で釣り下がっていて、シートベルトは無し
4台がUの字の運動を繰り返していた

その乗り物を見ていると手足のひょろ長いやや大きめの
ドラえもんのような物体が後ろ向きで乗ってきた
そして、動いている乗り物の上でなにやら踊っている

しばらく見ていると、奇妙なドラえもんが振り返った
顔の部分が宇宙のような空間につながっていた
同時に、空が赤紫と緑と黄色の渦巻く奇怪な空へと変貌した
乗り物は人を乗せたまま空の彼方へ飛んでいった

さらに奇妙なドラえもんが俺に向かって近づいてきた
近づくにつれてどんどん大きくなっていく
と思ったら、それは青と白と黒のソフトボール位の
大きさの大量の玉で構成されていた
そしてその大量の玉に取り囲まれたところで俺はワープした

俺は街中に立っていた
そこは大通りに面した歩道で周りも変わっている様子は特に無い

だが、歩き出した瞬間、それは起こった

まず、歩いているのに歩けていない
何を言っているか分からねーと思うが、まさにポルナレフ状態
その場で足踏み状態になっているわけでもないのに地面が進まない

それだけじゃない
街路樹や建物や電信柱はバラバラの速度で俺を通り過ぎていく
俺が足を止めると同時に止まるようだ
俺が走るとさらに酷くなって、俺を追い抜いていく街路樹なんてのもあった
ちなみにその街路樹とか同士は互いにはぶつからず
追い抜く時には、一時的に融合したような状態になっていた

やけになって走っていると、前方からチラシが高速で飛んできて
顔面にヒットして俺は倒れた
チラシを見てみると、ピザの絵と共に
「ピザ半額!お前の右 徒歩10秒⇒」などと書かれている

右を見ると喫茶店があった
「よし、これはスルー」と思って前を見ると前にも喫茶店があった
左を見ても後ろを振り返っても喫茶店に囲まれていた
さらに上と下もいつの間にか喫茶店だった
仕方が無いので右の喫茶店に入ることにした

俺「たのもー」
真紅「あら、いらっしゃい」

そこにはエプロンを付けた真紅がいた

俺「うおぉぉ、地獄に仏とはまさにこのこと」
真紅「さあ、席についてメニューを選びなさい」

椅子に座るとメニューを渡された
そのメニューの全てのページには「ナポリタン」だけが並んでいた
いくつかの「ナポリタン」は文字が崩れて「ナポリタン」じゃなくなっていた
だが、余計なことを突っ込むとさらに禄でもない事になりそうなので
突っ込まないことにした

俺「ナポリタンで」
真紅「素直ね」

真紅が奥に引っ込んでいった

俺「おわぁっっっ」

いきなり赤いスパゲッティの入った皿が高速回転しつつ
俺の目の前に向かって飛んできて眼前で停止してテーブルへ着地した

真紅「おかわりもあるわよ」
俺「フォーク無いんだけど」
真紅「あら、忘れていたわ…受け取りなさいっ」
俺「ちょwww」

真紅がフォークをもの凄い勢いでぶん投げてきた
死ぬかと思ったが、何故かキャッチできていた
それにしてもこのナポリタン、赤い色が付いているだけで具は何もない

真紅「赤方偏移って知ってる?」

食べようと思ったら真紅がそう言った
そして俺はナポリタンのコピペを思い出した
試しにテーブルの逆側に回ってみた
するとナポリタンが毒々しい青紫色に変わった
このナポリタンは高速移動しているようだ

真紅「そんなことより早く食べなさい」
俺「これ…を?」
真紅「この真紅が作ったナポリタンが食べられないとでも言うの?」
俺「うわぁぁぁ」

真紅の顔がのっぺらぼうになっていた

俺「ちょww顔!」
真紅「愚かね、姿形に囚われるなんて」

床から声がしたので下を見ると、床に真紅の顔があった

「Don't think. Feel and you'll be tanasinn」

真紅の体の後ろに巨大な蛙の卵が集まったかのような物体が現れて
トンネルの向こうから響いてくるような声で喋ったと思ったらフェードアウトした

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
∴∵(●)∵(●)∴
ちょ、双∴∵大丈∴∵∴かw
も∵か∴∵ると今回だ∵∴∵なく
次∴∵∴∵∴∵気をつけ∴∵∴
本∴∵に∴(●)∴∵、(●)∴tanasinn
2009/01/02(金) 16:31:02 | URL | 名無しのリダンツァ #-[ 編集]
なんというカオス
2009/01/02(金) 19:30:41 | URL | 名無しのリダンツァ #-[ 編集]
これが…tana∴∵
2009/01/02(金) 20:29:06 | URL | 名無しのリダンツァ #-[ 編集]
この日記はいつから催眠オナニーのwikiのリンクに入ってたんだw
2009/01/05(月) 22:40:32 | URL | 名無しのリダンツァ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ftgfinder.blog103.fc2.com/tb.php/426-01345e3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。