名倉F●ckers ~幽体離脱夢精奇譚~

★☆★ 幽体離脱や明晰夢で欲望叶えようぜ ★☆★ 体外離脱(幽体離脱)法、夢見法、イメージトレーニング、離脱日記、夢日記、名倉(離脱後の世界)の探究、双子(体外離脱誘導サウンド)等の離脱補助アイテムの開発

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ピンポーン
呼び鈴が鳴ったのでインターホンに出た

俺「はい…」
?「遊びに来たのー」
俺は玄関のドアを開けた

そこには雛苺の格好をした10~11歳くらいの
2.5次元超絶美幼女が立っていた
髪の色は、やや赤みがかかった黒だったが
それ以外は、雛苺がそのまま成長したような感じだった

雛苺「お邪魔しますなの~」

雛苺が靴を履いたまま、ピョンっと家の中に入ってきた

俺「あっ…」
雛苺「うにゅ~?」
俺「いや、なんでもない」

雛苺が靴を脱がずに侵入。ノットギルティー。
あの靴もよく似合っていて、どう考えても可愛い無罪

俺「お茶入れてくるから座って待ってて」
雛苺「はいなの~」

雛苺がちゃぶ台の前に座る
この時、何か口ずさんで歌っていた気がするが
どんな歌だったかは失念

台所に行ってお湯を沸かす
その間に紅茶を探すが見当たらない

俺「コーヒーでもいい?」
雛苺「うん、あのね、ヒナはおさとう、ミルク、いっぱいがすきなのよ~」

この辺りから俺はうすうす夢だと気づき始めていた
お湯が沸いたので砂糖スプーン2杯、牛乳半分のコーヒーを持っていく

俺「お菓子持って来るね」

再び台所を物色して大福発見、さっそく持っていく

雛苺「うわぁ、うにゅ~なの~」

目をキラキラ輝かせて満面の笑顔になった

雛苺「いただきまーすなの~、あー…」
俺「ん、どうした?」

雛苺が口を開けたところで動作が止まった
そして目が半目になって、大福に顔面を突っ込んで倒れた

俺「おい、大丈夫?」

雛苺の傍に座って抱きかかえる

どうすりゃいいんだ?ネジでも巻けば治るのか?
俺はパニクった

続く
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
わっふるわっふるわっふるわっふる
2008/11/30(日) 13:29:51 | URL | 名無しのリダンツァ #-[ 編集]
汝に罪無し
2008/12/02(火) 00:19:30 | URL | 名無しのリダンツァ #-[ 編集]
続くのかww
2008/12/02(火) 20:17:37 | URL | 名無しのリダンツァ #-[ 編集]
続き期待
2008/12/02(火) 21:20:31 | URL | 名無しのリダンツァ #-[ 編集]
丼に顔面突っ込んでる爺さんの画像思い出した
2008/12/03(水) 01:48:56 | URL | 名無しのリダンツァ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ftgfinder.blog103.fc2.com/tb.php/418-1af4887f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。