名倉F●ckers ~幽体離脱夢精奇譚~

★☆★ 幽体離脱や明晰夢で欲望叶えようぜ ★☆★ 体外離脱(幽体離脱)法、夢見法、イメージトレーニング、離脱日記、夢日記、名倉(離脱後の世界)の探究、双子(体外離脱誘導サウンド)等の離脱補助アイテムの開発

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
名倉の奥地に幻の親子丼を見た!!
俺は夢の中のラーメン屋で飯を食っていた
ちなみにラーメンと半チャーハンでやや味気なかったが
それ以外は普通だった

「お母さ~ん、ここにしようよ~」

小中学生くらいの美少女姉妹が店に入ってきて
俺の隣のテーブルに座った

姉「マリちゃん、何食べる?」
妹「うん、トルコアイス!」
姉「…それはおやつでしょ」
妹「えー、じゃあ…」

俺は、二人の会話を特に気にもせず、ラーメンの汁をすすっていた

妹「お母さん●□※…」

「お母さん」の後はよく聞き取れなかったが
俺は確かに「お母さん」という単語を聞いた
ここで俺は、何かがおかしいことに気づいた
何しろ「お母さん」がいないのだ

俺は食ってる手を止めて、隣のテーブルをマジマジと見た
姉妹は向かい合って座っていてそれ以外の人はいない
俺には見えない、裸の王様的な「お母さん」がいるのだろうか

次に俺は店内を観察した
だが、特に不審な点はなく、至って普通のラーメン屋だ

ここで俺は気づいた
ラーメン屋に入った記憶はあるのだが、どういう経緯で入ったのか
それまでの過程を思い出せない
そしてここがどこだかもよく分からない

俺は「夢なんじゃないか」と疑問を持ったが、
食器やテーブルを調べてみても周りの環境も
見た目や質感に全く不審な点がない
これだと、俺の頭がおかしくなっただけ、ってことがあり得るので
何としてでも決定的な証拠を掴みたい

俺はツェペリ男爵のように座ったままの姿勢で跳び上がろうとした

バリンッ
俺「ギャアァァァァァァァァァ、あれ、痛くない」

俺は椅子ごと真上に吹っ飛んで、蛍光灯と正面衝突した
だが、ガラスの破片も刺さらなかったし、大して痛くなかった
そして何より、この異常事態に周りの人間はノーリアクションだった

夢だと確信を持って安心した俺は姉妹の横に座った

姉「何、この人?」
俺「ちょっと聞きたいんだけど、お母さんってどこにいるの?」
妹「目の前にいるじゃん」
俺「え?」

妹は姉を指差している、というか、姉妹ではなく親子だったようだ

俺「失礼だけど、歳いくつ?」
母「13、娘のマリは12」
俺「つーことは…0歳で妊娠して…1歳で出産?
 名倉…なんという恐ろしい世界だ」
母「1歳の赤ん坊が子供産めるわけないじゃない」
俺「親が13で娘が12、って設定ならそうなるじゃん」
母「私が12歳の時に11歳の娘を産んだのよ」
俺「ああなるほど、それなら納得…って、んなわけあるかwww」

まあ、んなことを気にしても仕方がないので
俺は素直に、あり得ないはずのロリ親子丼を満喫した
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
至高のメニュー!!
2008/11/22(土) 18:39:45 | URL | 名無しのリダンツァ #-[ 編集]
双子が食欲に目を向けるなんて・・・!と思ったが
いつもの双子で安心しました
2008/11/22(土) 21:16:16 | URL | 名無しのリダンツァ #-[ 編集]
親子丼なのにロリとか変な新ジャンル開拓すんなwww
2008/11/23(日) 00:35:18 | URL | 名無しのリダンツァ #-[ 編集]
ってことは1歳で妊娠して11年間おなかの中であっためてたのをようやく出産・・・と。なるほど。
2008/11/23(日) 02:05:08 | URL | 名無しのリダンツァ #-[ 編集]
このド変態がぁーッ!
2008/11/23(日) 15:00:20 | URL | 名無しのリダンツァ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ftgfinder.blog103.fc2.com/tb.php/416-e598f80a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。