名倉F●ckers ~幽体離脱夢精奇譚~

★☆★ 幽体離脱や明晰夢で欲望叶えようぜ ★☆★ 体外離脱(幽体離脱)法、夢見法、イメージトレーニング、離脱日記、夢日記、名倉(離脱後の世界)の探究、双子(体外離脱誘導サウンド)等の離脱補助アイテムの開発

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
かといって、つかさでもない
安定するまでコンティニューを6~8回ほど繰り返した

そして洗面所へ

俺「かがみーん」

鏡にメイドコスプレ姿のかがみんが映った
振り返って見るといない
再度鏡を見るとかがみんはメイド服を摘んで微妙な表情をしていた
鏡を見ながら後ろに手を伸ばしてかがみんに触って
そのまま振り駆るといた

かがみん「この格好、あんたの趣味のせい?」
俺「そうかも、かなり似合っていてかわいいよ」
かがみん「恥ずいから着替えてくる」
俺「お願い、その格好でいてくれ」
かがみん「やだ」
俺「そこを何とか、お願い」
かがみん「…じゃあ、私の分身を置いてくわ」
俺「えっ?」

そう言うとかがみんの体からスススっとかがみんが出てきた
抜け出てきた方のかがみんは普通のかがみんで
本体(?)の方は黒髪で短めのツインテールだった

抜け出てきた方がそのままどこかに行こうとしたので
手を伸ばしたが、スカッと体を通り抜けて触れられなかった

かがみん?「あ、あの…」

残った方が手を握ってきた

俺「あ、君はいったい…?」
かがみん?「私はかがみさんの心の一部です」
俺「心の一部?」
かがみん?「はい、似合っていると言われて嬉しかったです」
俺「やっぱそうなのか、さすがツンデレ」
かがみん?「ただ、その何十倍も恥ずかしかったようですけど」
俺「…やはりツンデレだな」

その後、離脱方法とか名倉安定化の方法とか魔法とかを聞いてみたが
やっぱりいずれも良く分からないらしい

かがみん?「あの、○○さんはかがみさんのことどう思っています?」
俺「もちろん大好きだよ」
かがみん?「そうですか良かった、私も大好きです
 結婚を前提にお付き合いしてください」

かがみんの分身は抱きついてキスしてきた
しばらくそのままの状態でいる

俺「こちらこそよろしくお願いします」
かがみん?「本当?嬉しいっ」

かがみんの分身がギュッと抱きしめてきた

かがみん?「そういえば、かがみさん遅いですね」
俺「実はすぐ傍にいるんだけど、恥ずかしくて出て来れないんだったりして」
かがみん?「まさかぁ」
俺「それにしても」
かがみん?「はい?」
俺「その格好、ホントかわいいね」
かがみん?「えへっ」

俺はかがみんの分身を抱えて横に寝かせた

かがみん?「○○さん?」
俺「イヤ?」
かがみん?「ううん」

ボカボカッ ドゴッ バキッ グシャッ

俺は何者かに激しく襲われて気を失った
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ああ、殴ったの俺だよ。
2008/09/28(日) 16:43:18 | URL | 名無しのリダンツァ #-[ 編集]
殴ったの真紅だったりして
2008/09/28(日) 20:34:13 | URL | 名無しのリダンツァ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ftgfinder.blog103.fc2.com/tb.php/398-091c9ee4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。