名倉F●ckers ~幽体離脱夢精奇譚~

★☆★ 幽体離脱や明晰夢で欲望叶えようぜ ★☆★ 体外離脱(幽体離脱)法、夢見法、イメージトレーニング、離脱日記、夢日記、名倉(離脱後の世界)の探究、双子(体外離脱誘導サウンド)等の離脱補助アイテムの開発

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日、離脱の補助のためにアイマスクと耳栓を買ってきた
早速、今朝午前3時半ごろからの離脱にアイマスクを使ってみた


双子をセットしてアイマスクを付けて離脱に臨む
妄想に励むがなかなかうまくいかない

集中が途切れた後、ふと横を向いていた
そしたら徐々に部屋の様子が浮かび上がってきた
映像の色は黄土色だけだったが、はっきり見えた
ところが、少し首を動かしたら途端に消えた

首を動かさずにじっと見ているとまた浮かび上がってきた
それに集中することにした

気づくと朝、寝落ちしてしまったらしい
アイマスクの効果すごかったな、と思いつつ起き上がる
顔面に何か違和感を感じて触ってみた
ん?俺アイマスク付けてるよ?でも見えてる?不思議!
アイマスク越しにはっきりと周りが見えるのだ
色もちゃんとついてる

俺は「楽しい体外離脱」というサイトに書いてあった、

白内障などで視界の大部分を失ってしまった人は
見えてない大部分が脳内で補われて、その部分も
「見えている」ように感じる

というような内容を思い出した

「むぅ、心の眼が開いた、ということか」

俺は邪気眼を獲得したような気分になっていた

で、この見えているのがどれくらい正しいのか
確かめてみることにした

家の配置くらいは体に染み付いていて
正しいだろうと思って迷わず階段を降りた
居間に入ったら家族がいた

母「あんた、何でそんなもん付けてんの?」
俺「まぁ見てなって凄いんだから」

俺は家族からの当然の突込みをスルーしつつ、台所に入った
引き出しを開ける、んーこれでいいか…
俺は二色あるストローを何本か手に取った

俺「右端から緑緑赤緑赤…」
家族達「どうせストローかなんかに仕掛けがあるんでしょ?」
俺「じゃあ別のもんでもいいよ。そーだあれがいい」

家族にペットボトルを並べさせた
中身を当てていく俺

家族達「どうせペットボトルに(ry」
俺「疑り深いなぁ。じゃあ後ろ向いてるから
コップにジュースを注いで並べて」

またまたジュースの色を当てていく俺
と、ここで「本当に?」と聞き返された
するとどうでしょう?
ジュースの色がどんどんカオスになっていくではありませんか!
赤と緑と紫の塊が混ざったような色とか色々あった

「むう、心が乱されて、心眼も狂ったということか
まだまだ修行が足らんようだ」

俺は「たの体」の受け売りを嬉しそうに家族に説明した
家族にとってはどーでもいいような反応だった

その後、俺はゲームをやってみた
スーファミにマリオカートが刺さっていたのでそれをやった
難なく出来た
アイテムの画像が、
テレサ→パンプキンヘッドに緑のマント
サンダー → 青紫の雲のようなもの
ってな感じに変わっていたが、
心眼だからなぁ、と妙に納得した

ここでリアルに目が覚めた
アイマスクは付けていなかった
寝ている時に無意識に外したらしい
試しにそれを付けて集中してみたが
何も見えんかった
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
双子finder氏の作成したオベパルスで離脱に成功しました
ありがとうございます(´ー`)
2007/05/20(日) 12:24:24 | URL | イズム #3bjtyW9U[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ftgfinder.blog103.fc2.com/tb.php/38-d4830205
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。