名倉F●ckers ~幽体離脱夢精奇譚~

★☆★ 幽体離脱や明晰夢で欲望叶えようぜ ★☆★ 体外離脱(幽体離脱)法、夢見法、イメージトレーニング、離脱日記、夢日記、名倉(離脱後の世界)の探究、双子(体外離脱誘導サウンド)等の離脱補助アイテムの開発

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
地獄の沙汰も金次第らしい
俺は青白い岩肌のトンネルの中を歩いていて、すぐに夢と気づいた

しばらく歩いていると、出口に着いた
出口は大きな川に面していた
その川は霧がかかっていて向こう岸が見えない
ついでに川岸に、紫のローブを被って木の船に乗っている渡し守がいた
顔の部分は黒い影のような感じで見えない

渡し守「この道を通ってくるお客さんとは珍しいねえ」
俺「ここって三途の川っぽいんだけど、合ってる?」
渡し守「その通りだよ、あんちゃん。いっちょうあの世に逝っとくかい?」
俺「面白そうだし、ぜひ」

渡し守が手のひらを見せる

渡し守「お代」
俺「ああ」

俺はポケットをまさぐった
が、財布が無い

俺「あいにく持ち合わせが無いんだけど…」
渡し守「なんだい、冷やかしかい?それじゃ渡せないねえ」
俺「ツケといて」
渡し守「一見さんのツケはお断りだよ」
俺「ケチー」
渡し守「こっちも慈善事業じゃないからね、またおいで」

船を強奪することをチラッと考えたが、常識的に考えて強そうなので
素直に帰ることにした

後ろを振り向くと洞窟が滑り台のようになっていた
滑っていくと段々と壁が狭くなっていった
そして壁の質感が岩肌から建物のそれに変わった

しばらく滑り続けて地下街に出てから目が覚めた
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
危なかったなwww
2008/08/13(水) 13:59:51 | URL | 名無しのリダンツァ #xVyQTwi6[ 編集]
凄く…小町っぽいです…
2008/08/13(水) 14:32:51 | URL | 名無しのリダンツァ #-[ 編集]
金を渡していたらどこに行っていたんだろうな
2008/08/13(水) 14:53:03 | URL | 名無しのリダンツァ #-[ 編集]
もし金があったら……
2008/08/13(水) 15:17:32 | URL | 雷電 #-[ 編集]
きっと虎縞ビキニの女の子がわんさかの世界に行くに違いない
2008/08/14(木) 00:45:10 | URL | 名無しのリダンツァ #-[ 編集]
まだ、三途を渡るなっていう「何か」の意志かも知れんね。
2008/08/14(木) 16:35:55 | URL | カイ #9JD61gcI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ftgfinder.blog103.fc2.com/tb.php/377-596f6bee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。