名倉F●ckers ~幽体離脱夢精奇譚~

★☆★ 幽体離脱や明晰夢で欲望叶えようぜ ★☆★ 体外離脱(幽体離脱)法、夢見法、イメージトレーニング、離脱日記、夢日記、名倉(離脱後の世界)の探究、双子(体外離脱誘導サウンド)等の離脱補助アイテムの開発

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久しぶりに離脱した
とりあえず居間に行って電気を点けた
一瞬明るくなったがすぐに消えた
フェードアウトを防ぐために薄暗い部屋の輪郭を凝視する
そのまま首を動かさずに手探りで壁のスイッチを押して
部屋の電気を点けようとしたがさっきと同じように
一瞬明るくなったがすぐに消えた

再び部屋の輪郭を凝視しつつ、体の向きを変えずに
カニ歩きで台所へと近づく
体勢を変えずに台所内へと手を伸ばし電気を点ける
今度はちゃんと点灯しているようなので振り向いた

だが、台所へ振り向いたら真っ暗で視界が消失した
慌てて居間へ振り向き直して部屋の輪郭を目の前に思い浮かべた
なんとか視界に薄暗い部屋を定着させることに成功

この時、心拍数が上がっているのを感じたが
同時にクーラーの冷気で体が適度に冷却されているのを感じた
ちょうどいい感じにオーバーヒートが防がれているようだ

ゆっくり首を動かして廊下を見たら
廊下は電気が点いていた
とりあえず一安心

廊下に出たら向こう側から家族が歩いてきたので
スルーするため、1階へ降りる
1階の洗面所に向かったが下品そうなクソガキが
手を洗っていたのですぐに扉を閉めた

外に出ようかどうか迷ったが、2次元美少女召喚と
鏡に入るために2階の洗面所へ
さいわい家族と遭遇はしなかった

まずは風呂場で召喚を試みた
フタのされた風呂桶に向かい手をかざして
上白沢慧音をしっかり思い浮かべる

俺「けーね、けーね、けーねさん出てきてー」

だが無反応
一応フタを取ってみたが誰もいなかった
なので洗面所の鏡で召喚することにした

俺「けーね、けーね、けーねさん出てきてー」

すると洗面所の外に人影出現

「けーね?」と言いつつ外に首を伸ばした

そこには水色のネグリジェを着た、中の中くらいの
女の子が立っていて、すぐに立ち去って行った

気を取り直して召喚を試みる

俺「うどんげいん・いなばさーーーーん」

また、水色のネグリジェの女の子が出てきた
そうだ!変身させられねーかな?と考え、声をかける

俺「うどんげさんよろしくー」
「アキだよ」
俺「…まあよろしく。とりあえずどっかへ行こう」

手をとって鏡に入ろうとしたら手を引っ張られた

アキ「Hして」

そう言われて廊下に引っ張り出された
そしてアキはライターを取り出した

俺「あの、何をしようと?」

俺の問いに答えずにアキは火災報知器を火であぶり始めた
すぐに「火事です。避難してください。」という放送が流れた

アキ「さあこっちへ」

手を引かれてベランダへ

アキ「しばらくはここへは来ないでしょう」

アキが寝っころがった
何考えてんだ、このビッチ?と激しく思ったが
とりあえずセクロスすることに

で、抱きしめてキスしようとしたら顔を抑えられた

アキ「それよりも早く大事なところを舐めて」

アキがピラっとネグリジェをめくった
ノーパンだった

言われるままに舐めてたらリアル体がフル勃起してフェードアウトした
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんなんもありだな
2008/07/29(火) 00:49:46 | URL | 名無しのリダンツァ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ftgfinder.blog103.fc2.com/tb.php/367-93121fc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。