名倉F●ckers ~幽体離脱夢精奇譚~

★☆★ 幽体離脱や明晰夢で欲望叶えようぜ ★☆★ 体外離脱(幽体離脱)法、夢見法、イメージトレーニング、離脱日記、夢日記、名倉(離脱後の世界)の探究、双子(体外離脱誘導サウンド)等の離脱補助アイテムの開発

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
女子高生「眠りなさい」
俺は休み時間の教室でボーっと机に座っていた
そんな俺の目の前に一人の女子高生が現れた
ハーフっぽい顔立ちの美少女だった

女子高生は指し棒を手に持って何やら呪文を唱えた後
俺に指し棒を向けた

何だか良く分からなかったが、とりあえず俺は
椅子にもたれかかって寝たフリをして
たまに薄目を開けて様子を伺った

女子高生「さてと、次は…」

女子高生が俺の腕を掴んで俺の手のひらを
女子高生の胸に押し当てた
りんごくらいの大きさで柔らかかった

女子高生「※$Э■℃、あなたの手は私のもの」

次に俺の手のひらを股間に押し当てた
生暖かくてもあっとしてた

女子高生「※$Э■℃、あなたの手は私のもの」

その後、5~10分くらいの間、頭、肩、肘、足、膝、
その他もろもろに対して呪文を唱えられた
(押し当てられたのは毎回手だけだった)

そして最後に額にキスをされた

女子高生「※$Э■℃、あなたは私のお人形」

女子高生がパチンと指を鳴らす

女子高生「さあ、起きなさい」
俺「…」
女子高生「おかしいわね…」

女子高生が俺の頭や頬をさわさわしてきた
パッと目を開くと、目の前に女子高生の顔があった

俺は反射的に抱きしめてキスしようとした
だが、体が全く動かない

女子高生「ついて来なさい」

その言葉とともに俺の体が勝手に動いた
俺が動かそうとしても全く反応しない
何だか肉体をのっとられたかのようだ
自分の肉体という感じがしない

だが、女子高生は俺の腕を掴んで連れまわしたのだが
その感触はしっかり伝わってきた

ちょっと歩いて階段に着くと、女子高生は手すりを飛び越えて
下の手すりに立ち、さらに飛び降りていった

女子高生「早く来なさい」

その言葉とともに俺の体は水泳の飛び込みのように
手すりを飛び越えて頭から落下した
そして階段に手を付いてすぐにバネのように飛び上がり
次の手すりを飛び越えた
そうやって一瞬で3階から1階へと移動した
生きた心地がしなかった

1階の廊下を歩いていると
緑色のヘドロ人間がいて、こちらへ振り向いた
といっても、目鼻が無く全身が緑色のヘドロに覆われていて
パッと見、どちらが前か後ろか分かりづらい姿だった

ヘドロ人間「シャーーーーーーー」
女子高生「とっとと倒しなさい」

また俺の体が勝手に動き出す
俺はヘドロ人間に駆け寄り、左脇腹から腰にかけて
チョップで分断した
ドブに手を突っ込んだかのような不快な感触だった
手にもべっとりヘドロがくっついている

女子高生「私に近づかないで」

それはエンガチョを見る目だった
人にやらせておいて…とちょっと腹が立った

女子高生「ついて来なさい」

向かった先は保健室だった
そこで手を洗い流し、消毒薬のようなものをぶっ掛けられた

女子高生「ごめんね、こんなことさせて」

じーーーーーーーーーーーーーっ
何を考えているのか、顔と全身を嘗め回すようにずっと凝視していた

女子高生「そこのベッドに横になりなさい」

仰向けに寝る俺

女子高生「フフ、私のお人形…」

女子高生が強制マグロ状態の俺の上に乗っかって
全身を愛撫&キスしてきた
気持ち良かった
その後、目が覚めた
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
リコでも聞いてたの?
2008/07/27(日) 19:05:06 | URL | 名無しのリダンツァ #-[ 編集]
なんというエロ催眠…
2008/07/28(月) 00:10:59 | URL | 名無しのリダンツァ #-[ 編集]
Mにはたまらん
2008/07/28(月) 00:28:51 | URL | 名無しのリダンツァ #-[ 編集]
特にエロ催眠は聞いてないよ
2008/07/28(月) 05:03:17 | URL | 双子finder #-[ 編集]
やはり双子の右に出るものはいない
素でうらやましいな
2008/07/28(月) 14:21:20 | URL | 名無しのリダンツァ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ftgfinder.blog103.fc2.com/tb.php/364-fa2c12ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。