名倉F●ckers ~幽体離脱夢精奇譚~

★☆★ 幽体離脱や明晰夢で欲望叶えようぜ ★☆★ 体外離脱(幽体離脱)法、夢見法、イメージトレーニング、離脱日記、夢日記、名倉(離脱後の世界)の探究、双子(体外離脱誘導サウンド)等の離脱補助アイテムの開発

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
午後8時に寝たのに、9時半に友人からメールが来て起きてしまい
寝れないのでブログいじくって、気づいたら午前3時になってた
で、やばい寝なきゃと思って、必死に寝ようとしたら何故か離脱した

とりあえず洗面所へ向かった
一応ルーミア召喚してみるかと思い鏡に向かう

俺「ルーミアいるかー?」

背後の風呂場から桶かなんかが動いたような音がしたので
覗いてみたら手のひらサイズのルーミアっぽいものが
見えたけど一瞬で消えた

俺「じゃあ、うどんげーーーーーー」

何故か、手のひらサイズの中国が物陰から現れて
走って逃げていった

俺「けーねけーね!」

いきなり湯船のフタがゴトっと動いた
何が出るのかちょっとドキドキしながら見ていると
けーねの色違いみたいな感じの美少女が出てきた

白髪と銀髪の中間くらいの長い髪に淡い金のメッシュが入っていた
服装のデザインは変わらないけど真っ赤な服で
胸元のスカーフはエメラルドグリーンだった
頭には赤いヘアバンドを付けていた
もちろん超絶美少女

けーね「ここはどこだ?」
俺「ここは俺の家」
けーね「私は…誰だ?」
俺「ん、記憶喪失?」
けーね「分からない…」
俺「とりあえず、けーねに良く似ているけど…」
けーね「けーね?それが私の名前?」
俺「多分、あっそうだ!もこたーーーーん」

俺は湯船に両手のひらを向けて呼びかけた

すると湯船がボコっと泡立った
かなり期待したが、浮かんできたのはもこーの人形だった
でもまあ結構よく出来てる

俺「これあげる、何か思い出すかもよ」
けーね「む…」

けーねはもこーの人形を受け取ると何故か後ろを向いて
なにやら人形をいじくっていた

俺「けーね?」
けーね「あ、ありがたく貰っておこう」

俺が後ろから覗き込むと、何故かちょっと慌てた様子で
人形を胸元にしまった
何をしてたのか気になるところであるが
胸元にしまう時にちらりと乳が見えた、ラッキー

俺「外でも散歩しよう」
けーね「うん」

外は昼間で何故か通常の太陽の横に下半分だけの太陽があった

俺「ラナルータァッ!ラナルータァッ!」
けーね「何だそれは?」
俺「夜にする魔法」

だが、空は全く無反応だった

俺「じゃあ、今けーねは満月を眺めている、と思い込んで」

そう言って俺は両手でバスケットボール大の満月を抱えているイメージをした

一瞬、けーねの髪の毛がざわついて、おっぱいが増量したけど
すぐに元に戻った
その後ブラブラ歩いていたらフェードアウトした

ちなみにスタイルが凄く良くて抱きしめたらウエストがかなり細かった
そしておっぱいは大きかった
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
巨乳派か と思いました。
2008/06/30(月) 22:17:03 | URL | 名無しのリダンツァ #-[ 編集]
ルーミアを忘れていないことに感動した
2008/06/30(月) 22:26:08 | URL | 名無しのリダンツァ #-[ 編集]
あれだもんな
ルーミアもかわいいもんな
2008/07/01(火) 02:48:20 | URL | 名無しのリダンツァ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ftgfinder.blog103.fc2.com/tb.php/351-90b848ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。