名倉F●ckers ~幽体離脱夢精奇譚~

★☆★ 幽体離脱や明晰夢で欲望叶えようぜ ★☆★ 体外離脱(幽体離脱)法、夢見法、イメージトレーニング、離脱日記、夢日記、名倉(離脱後の世界)の探究、双子(体外離脱誘導サウンド)等の離脱補助アイテムの開発

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
離脱してしばらくは鏡の前で色々召喚しようとしたのだが
その度に戻されてコンティニューを繰り返した
んで、諦めて玄関へ
玄関へ向かう途中、小さな人影が走り去りつつ
物陰に何かを置いていった

近づいてみたら、顔がギャグ絵になっている翠星石の人形で
ドラゴンレーダーのようなものを抱えていた
そこには真ん中に赤い三角と右上に水色の三角が表示されて
レーダーを回すとそれに合わせて水色の三角の位置が動いた

とりあえずレーダーを持って外へ出た

何故か家の前に瓦礫が積み重なっていて
瓦礫に運転席を押しつぶされたワゴン車があった
後ろが空いていたのでそこから車内へ

運転席の真後ろにアクセルとブレーキがあったので
ひしゃげたハンドルを掴んでアクセルを踏んだら
瓦礫を押しのけつつ、ゆっくり前進し始めた

瓦礫を全て押しのけた後も全然速度が出ないので降りることに
窓ガラスを割って出ようとしたが、殴ってもひびが入るだけで
全く割れない
なので、後ろから降りた

しばらくレーダーに従い、水色の三角へと歩いた
歩いていると、いきなり水色の三角の近づくスピードが速くなった
俺は立ち止まって待ち構えることにした

待っていると、十字路の右側から上半身裸下はジーパンの
2m以上はある大男が現れた

そいつがこっちを向いた
そいつは目を瞑っていた、というか首から上は眠っているような感じだった
代わりに胸が6つの肉にパカッと裂けてイソギンチャクのようになっていて
その肉の先には爪があった
また、裂けている肉の内部は赤身の肉のような色で奥に目があった

あれと戦うのー?何だか気乗りしないなぁ
と思っていたらその怪物が走ってきたので仕方なく身構える

俺「最初はグーーーーー」
と言いつつ、右手を後ろに引き、パワーを溜めた
俺「うおりゃああああああああああ」

俺は怪物の胸の奥へ渾身の一発を放った

ぼよーん

なかなか素晴らしい弾力だ
ってやべえええぇぇぇぇ
俺は慌てて腕を引っ込めようとした

バツンッ

だが間に合わず、6つに分かれた肉片が閉じて
右腕の肘から先を持っていかれてしまった
噛み千切られた断面が激しく傷む
だが、飲み込まれた右腕は操作することが出来た

腹が立ったので内臓をつねりまくる

怪物「ギョボエエエエエエエエ」

意外と効いているようだ
怪物は腹をかきむしり、胸から唾液をブシュブシュ吐き出している

腕が胃腸の激しい蠕動運動によって排出されそうになったので
必死に内臓を掴んでさらに奥へと進んだ
するとゴツっと何かにぶつかった
さわさわしてみたら頭のようだ、胴体も付いている

とりあえず胴体を掴んで外に出した
ランニングシャツに短パンの中学生くらいだった

何だ、女の子じゃないのか…
がっかりだ
まあ、とりあえず怪物を退治するか

俺は残った左腕でマンホールの蓋を外した
そしてそれをフリスビーのように胸の奥へと投げつけた
今度はちょっと効いたようだ
怪物はふらついている

俺「最初はグーーーーー」
左こぶしに力を溜める

怪物は肉片を閉じ、腕を胸の前で組んで防御した

俺「うおりゃああああああ」

殴ると見せかけて不意を付いて金的を蹴った
うずくまって悶絶する怪物
さらに連蹴り!連蹴り!連蹴り!

胸から泡を吹き始めたところで、先ほどのマンホールを拾った
それをピザ職人のように指先でくるくる回してどんどん加速させていく
そしてそれを使って電動ノコギリのように胴体を切り離したら
怪物は動かなくなった

「あ、僕を助けてくれたの?」

中学生が気づいたようだ

俺「あー、お礼はいいから、とっとと帰んなboy」
「僕、女なんだけど」
俺「…え?…あ、ホントだ」

短パンの中をまさぐってみたら割れ目になっていた

ボクっ娘「腕、大丈夫?」
俺「ああこんぐらい余裕、普段殺され慣れてるし
 それより君に大した怪我が無いようで良かった」

と言いながら右腕を元通りくっ付けた

俺「それより、消化液まみれなようだから
 早くシャワー浴びた方がいいよ、ついてきて」

ボクっ娘の手を取り、近くの民家の玄関前に連れて行く

ドンドンッ

俺「オラッ!警察だ!とっとと開けろ」

…留守か

ならば、と庭に回りこみ、ガラス戸を石で破壊
中に侵入

ボクっ娘「こんなことして大丈夫?」
俺「緊急避難って言う奴だ、安心して付いて来い」
俺「あ、風呂場発見」

※この後スタッフがおいしくいただきました
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
僕っ娘をハントしたということか、そうなんだな
2008/06/15(日) 15:44:49 | URL | VIPPERな名無しさん #-[ 編集]
まったく双子はまったく
2008/06/15(日) 16:46:47 | URL | 名無しのリダンツァ #-[ 編集]
けしからん、本当にけしからんですばい。
2008/06/15(日) 17:45:37 | URL | 名無しのリダンツァ #-[ 編集]
短パンの中をまさぐってみたら割れ目になっていた


( ゚д゚ )
2008/06/15(日) 17:56:37 | URL | 名無しのリダンツァ #-[ 編集]
お前って奴は
2008/06/15(日) 21:30:24 | URL | 名無しのリダンツァ #-[ 編集]
この変態……ッ 変態ッ!
2008/06/16(月) 02:36:29 | URL | 名無しのリダンツァ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ftgfinder.blog103.fc2.com/tb.php/342-c101db79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。