名倉F●ckers ~幽体離脱夢精奇譚~

★☆★ 幽体離脱や明晰夢で欲望叶えようぜ ★☆★ 体外離脱(幽体離脱)法、夢見法、イメージトレーニング、離脱日記、夢日記、名倉(離脱後の世界)の探究、双子(体外離脱誘導サウンド)等の離脱補助アイテムの開発

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
徘徊法をして自分視点の集中状態に入ったところで
家の外に出た
そしたら周辺が自分の家以外工事現場になってた
それを目の当たりにした瞬間びっくりして
名倉に完全に入ってた
ついでに我を忘れて離脱のことが頭から抜け落ちた


工事現場といっても建物はまだ建っていなかった
中を覗くとビルの土台を作ってるのか、
非常に大きな深い穴が掘られてて鉄骨が無数にあった
作業員は全くいなかった

周りはみんな売り払ったのかな?
そう思いつつ歩いた
この時、足元が10cmくらい浮いていることに気づいた
って、俺離脱してたんじゃん
その瞬間、離脱挑戦していたここまでの経緯を思い出した

思い出すと同時に、まぶたを閉じている感覚があった
でも周りは見えるし体は名倉にある
手を見ながら歩いていたが、どうもまぶたが名倉に来ていない

とりあえず再離脱しておこうと道の真ん中に前のめりで倒れた
さあ離脱と思ったら後ろから車が来た
名倉で車に轢かれたらどうなんのかな?
俺はそのまま横たわって車を待った
車は躊躇無く俺の上を通過して髪の毛を掠めていった
かなり怖かった

さーて離脱しようと思ったら次の車が来た
しょーがねえからやり過ごすか…
2台目は大して怖くなかった
と思ったら3台目、4台目、5台目…
と間隔を空けずに連続で来やがった

困り果ててたらふいに上下反転して現実に戻った
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ftgfinder.blog103.fc2.com/tb.php/34-1f49a744
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。