名倉F●ckers ~幽体離脱夢精奇譚~

★☆★ 幽体離脱や明晰夢で欲望叶えようぜ ★☆★ 体外離脱(幽体離脱)法、夢見法、イメージトレーニング、離脱日記、夢日記、名倉(離脱後の世界)の探究、双子(体外離脱誘導サウンド)等の離脱補助アイテムの開発

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
母「アンタに手紙よ」

その夢は覚えている限り、茶色い封筒を渡されるところから始まった
差出人は全く覚えの無い会社からだった
とりあえず、開けてみる

『○○様
おめでとうございます。この度抽選により…』

何だか見るからに胡散臭い文言が書かれているので
すぐに捨てようと思ったら紙切れが出てきた
ビール券だった

一応ちょっとは読んでやるかと思い直す

『…こちらのビール券はほんのお気持ちでございます。
もちろん、ご参加いただけなくても返していただく必要はございません…』

要約すると、モニターとなってある島のホテルに泊まっていただく
ということらしい

往復の船の乗船券も入っていた
たしか、東京⇔ガラサ島(うろ覚え)とか書いてあった

こうして、好奇心をとてもそそられた俺は、
この非常に怪しいツアーにホイホイ付いていってしまったのだ

電車で東京駅まで行って外に出ると船着場があった
駅員に乗船券を見せると4番乗り場だと案内された
4番乗り場にはそこそこの豪華客船が着いていた
さっそく乗船券を見せて乗った

船の中央にはダンスホールのような広場があった
そこに何人かいたが、聞いてみたらみんな
このツアーの参加者らしい
だが、誰もこのツアーが何を目的としているのか知らないようだ

しばらくして、参加者が30~40人ほどになったところで船が出港した
参加者はほとんどが20代くらいの若者だった
そして、タキシード+シルクハット+舞踏会で使うような仮面
を着けた野郎が現れた
つーか、まんまタキシード仮面

そいつが
「私はあなた方を導くなんたらかんたらだ」
とか何とか言い出して仕切り始めた

で、全員このツアーに参加を決めたわけと自己紹介をした
その後は自由時間となった
俺は、活動的な雰囲気を持った女の子に声をかけた

その子と酒を飲みつつ、色々話して意気投合した
ちなみに名前はリサ
顔はそこそこで引き締まった体をしていた
とりあえず船室に連れ込み、抱きしめる(まだ脱いではいない)

と何故か意識が遠のいてきた



何時間経ったのだろうか?俺を覗き込んでいる影がぼんやり見えた



「起きて」



目を覚ますとリサが覗き込んでいた

リサ「説明は後、あいつらを倒さないと…」

そう言うと、回転式の拳銃と袋詰めの弾薬を渡してきた
一瞬状況が全く飲み込めなかったが
周りを見たら、すぐに大変なことが起きていることだけは分かった

まず周りは船の中ではなく、地下の駐車場のようなところで
ゾンビが普通の人間を襲っていた

リサは向かってくるゾンビに発砲していた
俺もすぐに発砲した
弾は6発ごとに装填しなければならなかった

何体か倒したところで襲われて死んだと思っていた人達が起き上がった
だが、それらはすでに人間ではなく、ゾンビとなって襲ってきた
そのうちの一人の体が変形し始め巨大な爪を持つ怪物に変身した
ちょうどタイラントみたいな感じ

で、そのタイラントに二人合わせて何発も撃ったのだが全然怯まない
それどころかリサが捕まって抱え上げられてしまった
叩き落すつもりのようだ

リサ「キャー」
俺「大丈夫か、すぐ助けるぞ、頑張れ」

俺は必死で励ましながら、リサに当たらないように脇腹目掛けて連射した
弾の装填がもどかしい

弾によって脇腹がかなりえぐられたところでタイラントがふらついて倒れ
リサを手放した
すぐに倒れたタイラントの頭部目掛けて弾を撃ちこみ止めを刺す

俺「大丈夫か?」

返り血を浴びてかなりショックを受けているようだ
俺は残りのゾンビを一人で倒した

俺「ここにいる奴らは片付いたぞ」
リサ「うん……もう…大丈夫…」

あまり大丈夫そうに見えない顔だったが、とりあえず移動
すぐにまた別のゾンビと遭遇

リサは、ある程度立ち直ったのかゾンビに向かって弾を撃っていた
と、リサの射撃が突如止まった

俺「どうした?」
リサ「近くに…」
俺「?」

ゾンビを撃ちつつ、リサの近くに寄る

リサ「あ゙な゙だも゙仲゙間゙に゙い゙ぃ゙ぃ゙ぃ゙ぃ゙ぃ゙ぃ゙ぃ゙」
俺「ぎゃあああああああああああっ」

リサの頭が180度回転してこちらを向いた
振り向いたソレはもはや人間のものではなかった
そしてソレは俺の脇腹に腕を刺してきた

と同時にドクンドクンと全身の血管が波打ち
視界が赤黒く染まっていった
俺が化け物に変わっていくことを実感した
やがて意識が消えた

-続く:chapter 2-
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
バカなッ…双子ォォオオオ!!
2008/06/10(火) 23:15:54 | URL | 名無しのリダンツァ #-[ 編集]
夢をありがとう。
さようなら
2008/06/10(火) 23:30:19 | URL | 名無しのリダンツァ #-[ 編集]
双子・・・そんな・・・・
ル・・・・・・
ルーミア!早く来てくれえぇッ!!
2008/06/10(火) 23:44:31 | URL | 名無しのリダンツァ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ftgfinder.blog103.fc2.com/tb.php/338-bd2fa3fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。