名倉F●ckers ~幽体離脱夢精奇譚~

★☆★ 幽体離脱や明晰夢で欲望叶えようぜ ★☆★ 体外離脱(幽体離脱)法、夢見法、イメージトレーニング、離脱日記、夢日記、名倉(離脱後の世界)の探究、双子(体外離脱誘導サウンド)等の離脱補助アイテムの開発

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2回離脱して微妙だったので、3回目逝こうかどうか迷いつつ
暑いので布団から左足を出して膝を半分立てて
(○_/\ ←くらいの角度) ボーっと目を瞑っていたら
いきなり爆発音が鳴り響く幻聴状態になった

膝をゆっくり戻そうとしてたら激しい振動状態になったので
ベッドの端を掴み、ベッドから抜け出した
抜けた感覚が無く、本体がそのまま動いたように錯覚したが
とりあえず部屋の外へ出たところで視界回復
普通に歩こうとしたら左足が微妙にしびれていた
あまり刺激すると覚醒しそうなので右足だけで進む
途中、家族に話しかけられたが、空返事でスルーしつつ洗面所へ

俺「ローゼンメイデン、特盛りでー」

鏡に向かって注文してみた

ピンポーン

呼び鈴が鳴ったので玄関を開けたら甥が立っていて
歩けるようになったばかり位の雨合羽を着た
小さい幼児を3人連れていた
なお、外は大雨だった

甥「遊びに来たよー」

よく見ると、甥が連れていたのはかなり低年齢化した
雛苺と金糸雀と何故か霊夢だった

俺「ところで、この雨どうにかできる?」
甥「うん、バ※■ム!」

よく聞き取れなかったが、呪文によって雨がやんだ

俺「ちょっと出かけてくるからいい子にしてるんだぞ」
甥「うん」

何気なく傘を手にとって開いたら飛ぶことが出来た
傘を真横に向け、地面のすぐ上をを飛んで
たまに右足を付きながら移動

今回の名倉は安定感があった
何をしようか迷ったが、とりあえず腹ごしらえすることに

しばらく移動してモス発見
中に入ったら10人くらい並んでいた

並んでいる人達は日本語を話していたが
たまに聞きなれない単語が出てきた

並んでいる間暇だったので、俺の前に並んでいた
本を読んでいる20代OLの胸を後ろから鷲掴みした
するとOLはパタッと本を閉じ、しおりをスッと取り出した

ボトッ

俺「ん、何か落ちまし…おわぁっ」

落ちていたのは俺の右手首だった
慌てて拾ってくっ付けた
OLはこちらを全く意に介さず、再び本を読んでいた

仕方ないので大人しく待つことに
あまり時間がかからず俺の番になった

俺「モスチーズ」
店員「いらっしゃいませ、トゥオ※ムでよろしいですか?」
俺「???…あー、持ち帰りで」
店員「…トゥオ※ムですね」

店員がトレーの上にバンズを置いて
オリーブとかレタスとかトマトとかのタッパーを並べた

店員「ご自分でなさいますか?それともフ※■ムで…」
俺「ふっ、ふえっ、フエルムで」

ぶわはははははははははは

何故か店内にいた客全員に大爆笑された

店員「ぶふっ、フ※■ムですね」

店員も笑いをこらえて肩を震わせていた
後ろの方からかっぺだの何だの聞こえてきた

俺「何ていうか、文化が違うんだな…」
客1「どこの田舎の話だよwww」
俺「俺の世界の日本のことなんだがな」

と言った瞬間、周りにいた人達全員が不思議そうな顔になって
世界がフリーズして直後に戻された
余計なことを言ったせいで、脳がどう処理すればいいのか
困ってしまったらしい
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
20代OLってもしかしてザ・ペーパーじゃね?
2008/05/25(日) 12:55:01 | URL | 名無しのリダンツァ #-[ 編集]
なんか最後のくだりのあたりに
物凄い惹かれるんだが・・・
2008/05/25(日) 19:50:21 | URL | 名無しのリダンツァ #-[ 編集]
OL強すぎワロタ
2008/05/26(月) 01:01:05 | URL | 名無しのリダンツァ #-[ 編集]
俺も次回はナチュラルに女性の胸を揉んでみることにするよ。
2008/05/26(月) 19:08:52 | URL | VIPPERな名無しさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ftgfinder.blog103.fc2.com/tb.php/329-b92205f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。