名倉F●ckers ~幽体離脱夢精奇譚~

★☆★ 幽体離脱や明晰夢で欲望叶えようぜ ★☆★ 体外離脱(幽体離脱)法、夢見法、イメージトレーニング、離脱日記、夢日記、名倉(離脱後の世界)の探究、双子(体外離脱誘導サウンド)等の離脱補助アイテムの開発

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回(ゆっくりして逝ってね)の後、間になんかあったような気もするが
再び偽りの目覚め状態に
今回もベッドが布団に変わっていたが、そこには疑問を抱かなかった
なぜか、俺の布団の下半分が膨らんでいた
また、俺の左に4枚布団が敷かれていた

何だこりゃ?と思いつつ、足で突っつく
何だか人が布団の下に丸まっているような感触がした
ここで、恐らく現実じゃないなと気づいた

とりあえず起き上がって布団をめくろうとしたら
廊下からサイレンが鳴り響いてきた
と同時に、俺の布団の下から包丁を持った
エージェントスミスが這い出てきた

完全に出てくる前に包丁を持ってる手を掴んで
そのまま喉を刺したら血も吹き出ずに動かなくなった
他の布団からもスミスがさらに4人出てきたので包丁を取って構えた

数秒間のにらみ合い状態の後、スミスが左右に散らばった
と思ったら、一番後ろから包丁が飛んできた
慌てて手に持っていた包丁で弾いた

…つもりが腹に刺さった
結構痛かったが勢いが殺されていたので
それほど深くは刺さらず、そのまま床に落ちた

スミスが詰め寄ってきたので
2本目の包丁を拾いつつベランダへ向かった

ここは高層マンションなようだ
空を飛んでから振り返ると、スミスはベランダで電話をかけていた
飛んで追ってはこないようだ

と思ったら、あさっての方向から
赤・青・緑の西洋風甲冑を着けて長剣を手にした
白い翼の天使っぽいものが3体ずつ、計9体飛んできた

そして赤3体と青3体が前に出て、丸い赤弾と青弾を
ばら撒くような感じで撃ってきた

俺は後ろ向きで飛びつつ、両手の包丁で円を描くように動かして
バリアをイメージした

すると、見えないバリアに弾がぶつかってはじけて消滅していった
その間に、包丁を振って真空の刃をイメージして打ち出して
赤2体、青2体を打ち落とすことが出来た

打ち落とすとすぐに残りの赤・青が左右に散らばって
後ろの緑から槍のような緑弾の連射が飛んできた

一応バリアで食い止めてはいるが
どんどんバリアに突き刺さっていく
そしてとうとうバリアが決壊した

直後に俺目掛けて連射してきたので
俺は下に逃げ、建物の影へ降り立った

その後、敵も降りてきて白兵戦状態になったんだが
どうなったかは忘れた

弾幕バトルは面白かったので、かなりおすすめ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
スミスのスペルカードの名前募集
2008/05/04(日) 13:33:28 | URL | 名無しのリダンツァ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ftgfinder.blog103.fc2.com/tb.php/317-8cac06af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。