名倉F●ckers ~幽体離脱夢精奇譚~

★☆★ 幽体離脱や明晰夢で欲望叶えようぜ ★☆★ 体外離脱(幽体離脱)法、夢見法、イメージトレーニング、離脱日記、夢日記、名倉(離脱後の世界)の探究、双子(体外離脱誘導サウンド)等の離脱補助アイテムの開発

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベッド上でエロ画像の幻視が見えてきた
完全に画像なこともあって入り込む余地が無いので
しばらく大人しく鑑賞

その後、薄暗いコンクリートの廊下が見えたので幻視内に飛び込んだ
んで、リアル体:幻体 = 7:3くらいのバイロケーション状態になった


壁をぺたぺた触ったり足踏みしたりしても全然ベッド上の感覚が消えないので
気にしないことにしてコンクリートの建物内を歩き回った

その建物の中は何だか絵の具で書いたかの様な視界だった
途中で視界が消えかけたりしたが妄想力で視界回復させながら徘徊した
いくつか部屋があったのだが、覗いてみると色々とカオスなものが見えた

巨大ナメクジがスリコギでゴマすっていたり
半分溶けた掃除機が剣道の素振りのようなことをやっていたり
↓のようなものが見えたり

参考資料(カオスだが恐怖画像ではない)

ある意味面白かったが飽きてきたので廊下の端の非常口へと出た
コンクリートに囲まれた非常階段になっていた
とりあえず下に降りる

一階下は扉がコンクリートで塗り固められていた
壁抜けしようとしたが壁の抵抗が強く
かすかに向こう側が見えるくらいでそれ以上抜けなくなった

ちなみに向こう側には狂った顔の鳥人間が大量にいたので
すぐに顔を引っ込めた
ゲームで出てきても結構怖いがリアルで見るともっとこえーよ

ここら辺からベッド上の感覚が消えた
とりあえず階段を下りまくった
一番下の扉から出ると自宅の玄関から出ていた

外は三日月が出ていて、何故か周りが秋っぽい風景だった
背の高いすすきみたいな植物が家の周りに生えていて
月明かりに照らされて穂が黄色く輝いていて綺麗だった

とりあえずパートナー呼んでみるかと
家の近所で「ルーミアーーーーー」って叫んでみた
だが、何故か声が出てないような
脳内には大音量でこだましているんだが

しばらく歩いていると、黒いワンピースを着た女の子がいたので
ルーミアかと思い、近寄ってみたら鳥人間だった
幸い狂っていない方だった
間抜けな顔でボーっと突っ立っていた

「ルーミアーーーー」って再度叫んでみた
辺りを見回すと月の周りでふらふら飛んでいるルーミア発見
「こっちこっち---」

だが、ルーミアは辺りをキョロキョロ見回しながら飛んでいる
やがて少しはなれたところに降り立った
だが、相変わらずいくら呼びかけても周りを見回している

ふいに俺は地面に引っ張られるように後ろに倒れてフェードアウトした

今思うと、ハッキリとした幻体が作られずに名倉を彷徨っていたような
触覚はあったが、自分の手足を全く見ていない
まあ、ある意味幽体離脱っぽいが
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
捕まったら赤と黒の世界に…
2008/03/14(金) 21:27:33 | URL | 名無しのリダンツァ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ftgfinder.blog103.fc2.com/tb.php/280-8752b924
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。