名倉F●ckers ~幽体離脱夢精奇譚~

★☆★ 幽体離脱や明晰夢で欲望叶えようぜ ★☆★ 体外離脱(幽体離脱)法、夢見法、イメージトレーニング、離脱日記、夢日記、名倉(離脱後の世界)の探究、双子(体外離脱誘導サウンド)等の離脱補助アイテムの開発

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パートナー的な意味で
3回ほど超短期離脱した後、4回目で鏡に入ってフェードアウト
5回目に鏡に入ったら地下街に出た

俺「誰かセ●クスさせてくれる人はいませんかー?」

叫んでみた
ほとんど無視されたが一人だけこっちを見てる人がいたので
近づいてみたら50代くらいのおばさんだった

おばさん「私なら良くってよ、ホホホ」

当然スルー
しばらく地下街をうろついていると制服の女子中学生発見

俺「君、服を脱いでみないか?」
女子中学生「ええ、でもぉ」
俺「早くしろっっっ、間に合わなくなっても知らんぞーーーー」

これで本当に脱ぎだしてしまう辺りが名倉の凄い所だ
女子中学生の制服の下は体操着だった

余談だが、俺の経験上、名倉住人とセクロスする時は
服を脱がすのはよほど余裕がある時以外はしない方がいい
服を脱がすことに集中するとフェードアウトしてしまうことが良くあるし
脱がすのに手間取ったらほぼ死亡フラグ

だから、相手が服を着ていたら自発的に脱いでもらうか
もしくはいっそのこと服を着たままするのが無難

女子中学生が寝っころがって体操着を胸の辺りまでめくったところで
手が止まった

女子中学生「キャー、やっぱ恥ずかしいっっ」
俺「しょうがないなあ」

ブルマをずらすくらいならフェードアウトの危険もほとんど無く
出来そうだったので指を引っ掛けた
そして下にずり降ろそうとしたその刹那

パコーン

何者かに後ろからハリセンのようなもので後頭部を叩かれフェードアウト

再びコンティニューして自宅から
すぐにまた鏡に入る

今度は海上に出た
周りには島があったが、絵で書いたような細部が表現されていないような景色だった
それと雲ひとつ無い青空のようなのに日向と日陰があった
俺は日陰になっている部分にいた

とりあえず泳いだ
そして日向の部分に入った瞬間
遠くの風景も鮮明になった
照りつける太陽が暖かくて気持ちがいい

しばらく泳いだ後、遠くの方に海の上を歩いている人達を発見
近づいてみる
その途中でふと、ルーミアのことを思い出した

俺「ルーミアいるー?」

飛んでくるかな?と思って空を見上げた

ルーミア「いるよー」
俺「あ、いたんだ」

いきなり俺の後ろ2,3mくらいのところに現れた
それとも俺が気づいていなかっただけなのか

とりあえず海の上を歩いている人達のところまで泳いだ
ちなみにルーミアも泳いでいる

その人達の中にとびっきりの金髪美少女がいた
さっそく話しかける

俺「こんにちはー、どっから来たのー?名前教えて」
ルーミア「なぜだか全く持って分からない
 だけど、不吉な予感がする。気をつけてー」
俺「え?何が?」

直後にスキンヘッドの外人が飛び魚のように海中から飛び出して
顔の前で手をクロスさせた格好で俺に突っ込んできた
同時にルーミアが「予感的中」とか言っていた

俺は直撃を食らって海中に沈みこみ、そのままフェードアウトした
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ま、まさかそれはサンダークロススプリットアタック!
2008/03/05(水) 15:09:42 | URL | 名無しのリダンツァ #-[ 編集]
この技を破った者は未だ一人もいないッ
2008/03/06(木) 01:27:37 | URL | 名無しのリダンツァ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ftgfinder.blog103.fc2.com/tb.php/276-3af3ab51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。