名倉F●ckers ~幽体離脱夢精奇譚~

★☆★ 幽体離脱や明晰夢で欲望叶えようぜ ★☆★ 体外離脱(幽体離脱)法、夢見法、イメージトレーニング、離脱日記、夢日記、名倉(離脱後の世界)の探究、双子(体外離脱誘導サウンド)等の離脱補助アイテムの開発

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
また出てきた

名倉に出てくるまでは全く意識してなかったのだが…
今のところ呼べば100%出てくるようだ
他のキャラはほとんど召喚成功しないのに

でも呼んだりしない限りはあまり出てこない
離脱後、まずは家中の明かりを付けて回った
明るい場所を確保して慎重に行ったので
途中、何度か視界が暗くなったが
すぐに明るい場所に戻ったり
暗闇を目を凝らしてみることで視界が回復した

途中でボケ老人が家に侵入してきたが追い払った
家中を明るくしたらかなり安定化した

さて、どうしようか
試しに名倉でオ●ニーでもしてみるかと思って
棹を握ったが虚しいのですぐに辞めた

ここでルーミアのことを思い出して
長期離脱のコツとかを聞いてみようと考えた

さっそく洗面所に行き鏡の前に立つ

俺「パートナー出てきてー」

鏡の奥からフランケンシュタインのような女が貞子っぽく近づいてきた

俺「お前じゃないっ」
ルーミア「じゃ、わたし?」
俺「おわっ」

いきなり、鏡に映った俺の手前にルーミアが下からにゅっと出てきた

ルーミア「そっちに行くね~」

そう言うとルーミアは一旦鏡から消えて洗面所に入ってきた

俺「ところでコイツを見てくれ、どう思う」

と俺は挨拶代わりに半おっきの股間を指差した

ルーミア「へ、へんたいだ~~~~~!!!1」
俺「その通り、だが問題はそこではなく
 してくれるかしてくれないか、それが問題だ」
ルーミア「んもう…」

ルーミアが屈んだ
俺はルーミアの頭を撫でた
髪の毛がすごくサラサラだ

ルーミア「これでいいの~?」

ルーミアは半分くらいまで咥えてすぐに口から離した

俺「もっと激しく唾液を絡めてくれ」
ルーミア「もうっ、どうなっても知らないからっ!」

今度は8分目くらいまで咥えてじゅるじゅると唾液を絡めて
それはもうやばかった

一瞬でフェードアウトしそうになり視界を補強しようと
気合を入れたらリアル体の目がパッチリ開いた
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
>長期離脱のコツとかを聞いてみようと考えた

最初はこう言ってるのにオチは毎回同じ
双子氏の性欲には頭が下がるZE!
2008/03/04(火) 15:16:14 | URL | 名無しのリダンツァ #-[ 編集]
一つだけ言えることは、エロに走らなければ100%滞在時間が延びる
2008/03/04(火) 18:25:14 | URL | 名無しのリダンツァ #-[ 編集]
まずエロから離れてどれだけ居られるか挑戦しようぜ
2008/03/04(火) 23:30:29 | URL | 名無しのリダンツァ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ftgfinder.blog103.fc2.com/tb.php/275-a1a62b14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。