名倉F●ckers ~幽体離脱夢精奇譚~

★☆★ 幽体離脱や明晰夢で欲望叶えようぜ ★☆★ 体外離脱(幽体離脱)法、夢見法、イメージトレーニング、離脱日記、夢日記、名倉(離脱後の世界)の探究、双子(体外離脱誘導サウンド)等の離脱補助アイテムの開発

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今まで、「フェードアウト→覚醒」
だと言うことに何の疑問も持っていなかったが
「フェードアウト→無意識(ノンレム睡眠?)→覚醒」
というルートもあるんじゃないかとふと思った
というのは、先日、明晰夢でコンティニューしまくって
コンティニューはもういいやと思ってフェードアウトした直後に
目覚ましが鳴った(と感じた)という体験

起きる直前に今回の明晰夢体験をしていたとはどうにも考えにくい
まぁ目覚ましの鳴る時間を体が覚えていてそれに合わせて
夢のストーリーが予定調和ってこともあり得るかも知れないが
そうするとスケジュール管理が出来すぎているような

それよりはフェードアウトして、目覚ましが鳴るまで
無意識に落ちていたと言う方が理にかなっている気がする
つまり覚醒側への通常のフェードアウト以外に
睡眠側へのフェードアウトがあるんじゃないかと

脳みそが起きようとして名倉を消しにかかるパターンと
脳みそが寝ようとして名倉を消しにかかるパターン

この二つがあったとしてうまく区別できれば
前者の場合は覚醒度を下げて抵抗して
後者の場合は覚醒度をあげて抵抗するとか

離脱初期は前者に抵抗して
脳みそが疲れて休みたくなってきたら後者に抵抗するとか

あと、後者に近い状態の時は脳が感覚器官とかのスイッチを
スリープ状態にしてて必然的に名倉構築にリソースが集中して
体感時間が増大したりしそう

何だか長期離脱・明晰夢につながりそうな気がしないでもない
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
理屈はどうあれ、2ルートあることには同意ですね
無論明晰夢からも離脱からも金縛りからも同じように…
自分の場合は深層へ沈むルートの時は「粘りつくような眠気」といった感じですね

ただ、あれに抵抗するのは面倒・至難な上に精神をかなり消耗するので
自分はそのまま抵抗せずに寝てしまいますが
2008/02/27(水) 15:58:44 | URL | あずき #nB8QTuxg[ 編集]
やっぱ覚醒度上げるのは面倒ってのもあるけど
そのまま抵抗しなかったら失敗しちゃうと…
抵抗するほうがいいのかしないほうがいいのか
難しいところですなあ…
2008/02/27(水) 22:40:30 | URL | 名無し絵師 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ftgfinder.blog103.fc2.com/tb.php/272-0025cef6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。