名倉F●ckers ~幽体離脱夢精奇譚~

★☆★ 幽体離脱や明晰夢で欲望叶えようぜ ★☆★ 体外離脱(幽体離脱)法、夢見法、イメージトレーニング、離脱日記、夢日記、名倉(離脱後の世界)の探究、双子(体外離脱誘導サウンド)等の離脱補助アイテムの開発

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今朝見た明晰夢の最後の方

何の変哲も無いブリキのバケツを使って
波動砲を乱射してゾンビ狩り
そしてついに女王ゾンビ(?)倒した後のこと
俺は暗い廃墟の中で戦っていたわけだが
ボスを倒すと白い光のドアが現れた
そして導かれるままにドアを通った

ワーワー
バケツの×※$■(解読不能)バンザーイ
勇者バンザーイ

まぶしい太陽の光とともに大歓声に包まれた
俺はステージに立っていて
見渡す限りの大観衆に囲まれていた

どうも勇者になってしまったらしい
それにしてもすごい人の数だ
数千人か数万人か分からないが数え切れないほどいる

ここで俺は魔が差したと言うかなんと言うか
俺の手には波動砲を撃てるバケツがあるんだ
試し打ちをしたくてたまらなくなってしまった
正直、ゾンビに対して波動砲はチート過ぎた
大して群れてなかったし

俺「諸君にプレゼントだ、見せてあげよう、ラピュタのいかずちを」

一瞬、群集の熱狂が止まった

俺「マスタースパアアアアアァァァァァーーーーークッッッッッ!!!」

ちなみに波動砲はバスケットボールくらいの太さの青白い
力強い光の帯って感じだ
俺はバケツを持って左から右へなぎ払った

俺「見ろ、人が…」

ギャーウワーヒイィなどと悲鳴が凄い
(うーん、やり過ぎちゃったかな)

殺せー!

誰かが叫んだ
直後、生き残った全ての群集が俺を目掛けて飛んできた
あまりの迫力に慌てて後方に飛んで逃げた

相手の方が飛行速度が速くて徐々に近づいてくる
俺は逃げながら波動砲で近くの奴から打ち落とした
しかし奴らは下半身を吹っ飛ばされても飛びついてくる
ゾンビなんかよりもよっぽどゾンビだった

そしてついに胸から上だけになった男に肩を掴まれた
俺は反射的にゲームを止めるようにポーズをかけた
これがうまくいったのか世界が停止した
俺も相手も動けない

そして、視界の右半分にゲームのようにメニューが出てきた
Continue、Rolling、Rdntなど全部で10項目ほどあった
俺はその中の一番下にあったResetを選んだ


Dummy!!




目の前に赤い太字が点滅した
と同時に世界が動き出した

男「そんなもんじゃ逃がさない」
俺「うわあああぁぁぁぁぁ」

男が腕を振り上げて俺に打ち下ろそうとする寸前に
再度ポーズをかけた
世界が止まってメニューが出てきた

さてどうするか、どーせどれもダミーだろうし…

俺はこの状況を無視して寝床にいると妄想してローリングした
途端に視界が消えて周りの気配も無くなった
どうも自室に戻ってきたようだ

移動して視界回復を目指したが回復する前にベッドに引き戻された
疲れたのでコンティニューは止めておいた
直後に目覚ましが鳴った
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
やはり緊急避難としての「離脱」というオプションは実に便利ですね
離脱を知る前での明晰夢でこれを知らないばかりにどれだけ苦しんだ事か…
2008/02/25(月) 23:42:06 | URL | あずき #nB8QTuxg[ 編集]
なんというムスカ…
2008/02/26(火) 00:13:31 | URL | 名無しのリダンツァ #-[ 編集]
マスパじゃなくてファイナルだったら…
2008/02/26(火) 02:06:11 | URL | 名無しのリダンツァ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ftgfinder.blog103.fc2.com/tb.php/271-6d3d7884
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。