名倉F●ckers ~幽体離脱夢精奇譚~

★☆★ 幽体離脱や明晰夢で欲望叶えようぜ ★☆★ 体外離脱(幽体離脱)法、夢見法、イメージトレーニング、離脱日記、夢日記、名倉(離脱後の世界)の探究、双子(体外離脱誘導サウンド)等の離脱補助アイテムの開発

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ローゼンメイデンを見たからか夢に出てきた
そして俺はどうも金糸雀と契約しているようだ
翠星石の方がいいんだけどなー
━━━━━こっから夢、なお、夢だという自覚なし━━━━━

金「闇夜に紛れてまんまとお宝ゲット!なのかしらー」
俺「ここはどこ?」
金「付いて来れば分かるのかしらー」

そこは薄暗い廃墟だった
しばらく金糸雀に付いていく
金糸雀は辺りをキョロキョロ見回している

金「あったのかしらー」

金糸雀の指差す先には、地面から生えた無数の
黒い太くて長い棘に何重にも守られた宝箱があった

俺は棘を蹴って折ろうとしたがビクともしない

金「障害は取り除くのかしら、ピチカート」

金糸雀がバイオリンを手にして弾き始めた
そして音とともに徐々に黒い棘が崩壊していった

「泥棒猫にはお仕置きが必要ね」

振り向くと水銀橙が立っていた

金「キャー、見つかったのかしらー、ピンチかしらー」
銀「私のフィールドにノコノコ入ってくるなんて、お馬鹿さん」
金「ここは腹をくくって先制攻撃よ、ピチカート」

金糸雀が水銀橙に向かってバイオリンを弾き始めた
水銀橙は2~3m程後ろに飛ばされて踏みとどまった

銀「フフフ、効かなぁーい」

水銀橙が黒い翼を広げた
5~6m程あってすごい迫力だった
そして無数の黒い羽を飛ばしてきた

金「キャー」
俺「下がって」

俺は全身をスライム化して羽を受け止めた
全身に異物が埋め込まれていくのを感じた
ちなみにスライム化している時は目が見えなくなる
(気配を感じることは出来る)

金「ここは戦略的撤退かしらー」

俺もスライム化を解除して走って逃げようとしたが
全身に異物が埋め込まれているせいか解除できない

ここで目が覚めた
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ftgfinder.blog103.fc2.com/tb.php/269-5ea29b06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。