名倉F●ckers ~幽体離脱夢精奇譚~

★☆★ 幽体離脱や明晰夢で欲望叶えようぜ ★☆★ 体外離脱(幽体離脱)法、夢見法、イメージトレーニング、離脱日記、夢日記、名倉(離脱後の世界)の探究、双子(体外離脱誘導サウンド)等の離脱補助アイテムの開発

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夢の中で柱の男と戦ってきた
気づくと、俺は建設途中のビルのような組みあがった鉄骨の上にいた
ちょうど一階ごとに「田」の字に組まれた鉄骨が空高くまで積みあがっていた
周りは砂漠だか荒野だかそんな感じのところ

俺の向かい側には柱の男が立っていた
名前は分からない
額に小突起が一本、いろんなところにピアスしていた

そして俺を指差し何かを喋ったが風の音でよく聞こえない
次の瞬間、柱の男は鉄骨と一体化した
だが、完全に一体化するのではなくて
頭とか体の一部分は鉄骨の外に出ていた

相手が鉄骨を伝ってこちらに近づいてきた
バトルになると感じ、俺も鉄骨と一体化
そして体を鉄骨中にバラバラに散らばらせた
上半身・右腕・左腕・下半身に分割した
相手はバラバラになることは出来ないようだ

俺の本体は相手をおびき寄せつつ逃げて
相手の後ろから忍び寄った腕や足で殴って
すかさず鉄骨の中に逃げ込むヒットアンドアウェイを続けた

俺「やーい、このノロマはーげ」
ってな感じで挑発も加えた

全然ダメージを与えているようには見えないが
だんだん柱の男の形相が怒りに満ちてきた

そして怒りMAXな顔になった瞬間、俺の本体めがけて
ものすごい勢いで移動してきた
慌てて下の柱に飛び移って回避
しかし柱の男も飛び移ってきた
しばらくの間、柱の間を飛び回り必死の鬼ごっこをした

柱の男「ん?ミ・ツ・ケ・タ・ゾ」
俺「しまった」

本体が逃げることに夢中で、鉄骨の中に潜んでいた
俺の下半身が柱の男と接触してしまった

柱の男が鉄骨の中へ手を突っ込む
慌てて下半身を逃がそうとしたが…

チンコをむしられてしまった

俺「返せ馬鹿ヤロー」

手足を飛ばしてド突くも、柱の男は全く意に返さないで
悪意に満ちた笑みを浮かべている

俺「はぐぅ」

柱の男は俺のムスコをデコピンし始めた
結構痛かった
その後も目が覚めるまで奪い返せず
延々とデコピンを喰らい続けた
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
シュールすぎてワロタwwwwwww
2008/02/05(火) 21:32:50 | URL | 名無しのリダンツァ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ftgfinder.blog103.fc2.com/tb.php/258-77e72366
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。