名倉F●ckers ~幽体離脱夢精奇譚~

★☆★ 幽体離脱や明晰夢で欲望叶えようぜ ★☆★ 体外離脱(幽体離脱)法、夢見法、イメージトレーニング、離脱日記、夢日記、名倉(離脱後の世界)の探究、双子(体外離脱誘導サウンド)等の離脱補助アイテムの開発

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日こそは絶対離脱してやろうと9時から双子を聞いてチャレンジ
1時に自然と目が覚めた
夢も微かにしか覚えていない
再びチャレンジ
今度は3時に目が覚めた
夢をしっかり覚えている
夢をメモしてから再チャレンジ
で、3度目の正直でようやく成功
離脱して視界回復しないうちに家の天窓から仰向けで脱出しようとした
そしたらうまく脱出できずにつっかえる
何故不自然な姿勢で脱出しようとしたのかは謎
フェードアウトしそうになったのでいったん脱力して落ち着いて
ゆっくり降りて別のところにある普通の窓から飛び降りて
ひたすら走りまくった

ようやく視界が回復してきた
今回は必殺技の習得を目指そうと思った
とりあえず「はど~けん!」…出ない
もう一度試みた。若干手のひらで青く光ったがダンにも劣る
波動拳は諦めてしばらく歩くと高層ビルを建設中の工事現場があった
ここで今度は「か~め~は~め~波ぁーーー!」…が、駄目
ムキになって5~6回絶叫しつつ試すが全く出ない
周りの人も変な目で見ている ちくしょう ちくしょおお(ry

もうこうなったらいつものようにエロに走ってやろうと決めた
美少女直接召喚を試みる(この時人間生成方法はすっかり忘れてた)
が、出来ない
そこで近くにあったスーパーに入ってかわいい子を探した
店には客が全然いなくてレジは3人のおばさんがいた
…無理っす

店を出て移動し続けるとでっかいビルを発見した
ビルに入って階段をひたすら昇る
そして大広間に入った 野郎が大量にいた
偉そうな人に2列に並ぶように言われた
なぜか素直に従う俺は列の一番後ろに並んだ
その列が動き始めて階段を降り出した 俺もついていく
俺は前の男二人に「チミら知ってる?これ夢なんだぜ?」
右男は完全無視。左男「は?何言ってんの?お前馬鹿?」
ムカっときたがなぜか行列に従って素直についていく俺

と、ここで夢に移行しつつあることに気づいた
すかさずその場に倒れこみ再離脱
一気に自由が戻った 行列はすでに下の方に行っている様だ
階段を一気に駆け降りて行列を追った
そして行列に追いついて馬鹿とのたまった男を張り倒した

…これがまずかった
俺はその男に後ろから捕まれ抱きかかえられた
それだけではない
男は勃起していた
そのチンコは俺の金玉を突き上げて絶えず電流を流すのだ
挿入されなかったのは不幸中の幸いかもしれない
でも非常に気持ち悪い
もがいても全く振りほどけない
その状態のままビルの入り口まで連れて行かれ
勢いよくガラス戸をぶち破った
その衝撃よりも金玉のほうが被害甚大だ
「ギブギブ!助けて!もうしません!許して」
パニックになり必死に懇願する俺
そしてやっと渡辺に帰還
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
アッー!
2007/05/08(火) 06:28:27 | URL | 名無しのリダンツァ #-[ 編集]
金玉に電気・・・なんとマニアックな
2007/05/08(火) 15:24:41 | URL | 名無しのリダンツァ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ftgfinder.blog103.fc2.com/tb.php/23-3ce523c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。