名倉F●ckers ~幽体離脱夢精奇譚~

★☆★ 幽体離脱や明晰夢で欲望叶えようぜ ★☆★ 体外離脱(幽体離脱)法、夢見法、イメージトレーニング、離脱日記、夢日記、名倉(離脱後の世界)の探究、双子(体外離脱誘導サウンド)等の離脱補助アイテムの開発

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やはり、離脱できない・安定しない原因を分析して
環境をいろいろ変えてみれば解決できる

ちなみに、敷布団+掛布団の上に寝て寝心地を変えて
頭部から鼻の頭まで手ぬぐいを載せて、保温+目隠し
エアコンは離脱兆戦前(俺の場合、二度寝時)に消した
(うるさいのが苦手だから)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

抜けると同時に居間に向かう
顔面に手ぬぐいをおいていたためか
顔にタオルが巻きついているが気にしない
しばらくすると、その状態のまま視えるようになった

居間にサンデーが落ちていたので中を見た
中は普通だった
三話見たんだが、二話までしか覚えていない
ガッシュと犬夜叉とあとなんか

ガッシュの内容は、魔界の王になったはずのガッシュが
魔界で「ドモツァイ・モラ…(やたら長い)」とかいう魔物に
いじめられそうになったところで
ティオを始め仲間が立ちはだかって
ガッシュにも「あんたも王様なんだからもっとしっかりしなさいよ」的なことを言う
てな感じだった

犬夜叉の方は、卒業式で犬夜叉だけじゃなく仲間も来ている
かごめが犬夜叉に、じっとしてなさい的なことを言う
巻頭カラーで校庭の桜が満開なシーンからスタート
てな感じだった

ここで、一旦フェードアウト
さっそく起きて居間にサンデーを確かめに行くと兄貴がいた

俺「実は幽体離脱して…」
兄「え?お前、そんなオカルト野郎だったの?」
俺「いや、幽体離脱って言っても幻覚みたいなもんで…」
兄「幻覚って…まさかとは思うがクスリとかやってるんじゃねーだろーな?」
俺「あーなんでもない、単なる夢だった」

とりあえずサンデーをめくった
すると全く同じ巻頭カラーで桜が満開なシーンがあった
予知離脱だったのか!!!1と驚いていたらベッド上に意識が戻った
どうやら偽りの目覚めだったようだ

とりあえず忘れる前に書かねば、と思ったら起きれない???
どうやら金縛り状態なようだ
いつものように全く動かないでコンティニューしようとしてたら多分気づかなかった
しかし、是が非でも起きたいのに起きれない
仕方ないのでローリングしてコンティニュー

今度は洗面所・風呂場に向かう
「パートナーいるー?」と呼びかけつつ入るが誰もいない
風呂場のはずの空間がなぜか広めのキッチンになっていた

キッチンに入ったが、特にめぼしいものが無いので
「パートナーさーん」と呼びかけつつ出ると「はーい」と返事がして
エプロンを付けた若奥様がやってきた
顔は中の中くらいだ

若奥様「ようこそいらっしゃい、さっそくクリスマスケーキを出すわね」

若奥様はキッチンに入り何やらごそごそやっている

俺「あっ、それよりもとりあえず名倉を安定させたいんだけど…」
若奥様「名倉?」
俺「ああ、この世界のこと」
若奥様「うーん、それならこれでどうかな?」

若奥様はどこから取り出したのかカキ氷機を出した
さっそくかき氷をもらった
食べてみたが全く冷たくなかった

俺「ちなみにどれくらい滞在できるの?」
若奥様「それはあなたの気分しだいで結構変わっちゃうけど…
 例えばこれを食べても焦ったりしたらすぐ戻されちゃうし」
俺「ふーん」
若奥様「あらやだ、間違…、いや何でもないわ」
俺「お、おい、何を間違えたんだよ???」
若奥様「気にしないで。ところで、しゃ…」

フェードアウトした

今度はリアルで起きてサンデーを確かめに行ったら
先週が増刊号で今週は休みだった
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
焦って戻されたのかw
2007/12/21(金) 15:04:43 | URL | 名無しのリダンツァ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ftgfinder.blog103.fc2.com/tb.php/226-9a98dc8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。