名倉F●ckers ~幽体離脱夢精奇譚~

★☆★ 幽体離脱や明晰夢で欲望叶えようぜ ★☆★ 体外離脱(幽体離脱)法、夢見法、イメージトレーニング、離脱日記、夢日記、名倉(離脱後の世界)の探究、双子(体外離脱誘導サウンド)等の離脱補助アイテムの開発

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
俺は男女数人で海辺の町に旅行に来ていた

男1「地元の人から聞いたんだけど、満月の夜に離れ小島にある社に
 男女二人で行くと永遠に結ばれるって言い伝えがあるんだってよ」
俺「夜に泳いでいくのか?」
男1「いや、引き潮の時に島までの道が出現するらしい
 そして今日は満月」
俺「じゃあ、肝試しを兼ねて行くっきゃねーな」

早速その夜浜辺へ
岩が海面から突き出して離れ小島へと続いていた

ペアはあらかじめ暗黙の了解で決まっていた
まず一組目が島へ向かったが、なかなか戻ってこない
そして様子を見てくるといって二組目が島へ
十数分後、二組目が戻ってきた

最初に行った奴らは草むらでいちゃいちゃしてるらしい
全く人騒がせな…

次に俺と彼女が島へ向かうことになった
彼女は怖がっているのか俺にしがみついている

俺「そんな怖いの?」
彼女「私、ここを知ってる…」
俺「デジャヴ?」

いろいろ話してるうちに島へ着いた
島には社へと続く一本の道だけあって
その周りは草木に覆われていた

俺「あいつらこんなところでよくやるな…」

そんなことを言いながら社の前に来た
すると突然、彼女は倒れた

俺「大丈夫?」
彼女「頭が、痛い」
俺「すぐに戻ろう」

彼女を抱きかかえて来た道を戻った

彼女「私を連れ戻しに来た…」
俺「え?」
彼女「ほら…」

後ろを振り向くと一組目の奴らが来ていた
彼女は熱に浮かされているのか正気ではないようだ
何かに怯え、俺にしがみついている

俺「お先にどうぞ…」

俺「もう行ったよ」
彼女「私どうしたのかしら?」
俺「疲れているんじゃない?あまり深く考えない方が…」

またしばらく歩くと道が二つに分かれていた
片方は浜辺へ、片方は海へと続いていた
行きの時にはこんな道無かったような…

彼女「もう大丈夫」

彼女は俺の腕から飛び降りた
すっかり元気を取り戻したようだ

彼女「道が分かれているけど、どっちへ行くの?」
俺「どっちって…片方は海の中だよ」
彼女「水底でずっと二人っきりってことじゃない?」
俺「言い伝えの永遠に結ばれるってそういうこと?」

彼女「こっちに行ってみる?」
彼女は冗談交じりに言った
俺「…風邪を引きそうだし、今日はやめておこうかな」
彼女「あら、残念ね」

なんだか彼女の様子がおかしいと感じつつ
浜辺に向かった

彼女「ちょっと待って」
俺「どうしたの?」
彼女「思い出したの」
俺「何を?」
彼女「ずっと昔のこと」

彼女「私ね、ずっと前に親とけんかして家を出てきたの
 実は私には許婚がいたの、でも別の人を好きになって
 そのことを親に話したら私のお父さんもお母さんも
 親の決めた相手じゃなきゃ駄目だ、お前の幸せのためなんだ
 って言って、お母さんは最後には分かってくれたけど…
 それで家を飛び出したの
 でも、想いを打ち明ける前にその人は引っ越して
 どこかに行っちゃったの」

彼女「ねえ…」
俺「なに?」
彼女「私のこと愛してる?」
俺「もちろん」
彼女「私とずっと一緒にいたい?」
俺「もちろん」
彼女「ありがとう」

彼女は抱きついてきた


そしていきなり頚動脈に噛み付かれた
痛みと薄れ行く意識の中、彼女の声が聞こえた

「お母さんが教えてくれたの
 あなたのことを本気で想ってくれる人の肉を食べなさい
 そうすれば人間になっていられる、って」


















?「ハイ、カァーーーーット」
突然、俺の意識が戻った
俺は浜辺にいた

男1「いやあ、名演技名演技」
俺「えええ?」
彼女「これで文化祭も大盛況間違い無しだね」
男2「それじゃ、映画完成を祝ってカンパーイ」
一同「カンパーイ」

女1「ほら、あんたも」
チューハイを手渡された
俺「カ、カンパーイ???」

ここで目が覚めた
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
いつかの食肉売り場といい、KOEEEEEEE!!!!!!!!!111
2007/11/12(月) 11:32:25 | URL | 名無しのリダンツァ #-[ 編集]
一組目自重www
2007/11/12(月) 17:53:33 | URL | 名無しのリダンツァ #-[ 編集]
どんなだよWWW
2007/11/12(月) 19:22:23 | URL | 名無しのリダンツァ #-[ 編集]
>KOEEEEEEE!!!!!!!!!111

って、
女吸血鬼や女妖怪に抱きしめられて
首筋に噛み付かれてぬっ殺される瞬間を
何度思い出しても萌えてしまう
俺は変わってるのか

しかし、死んだと思ったのに映画の撮影だったのにはびっくりした
2007/11/12(月) 20:15:45 | URL | 双子finder #-[ 編集]
今さらですけど双子氏のブログをリンクに追加してもいいすか?
2007/11/13(火) 00:58:36 | URL | 3秒 #-[ 編集]
どぞ、ご自由に
2007/11/13(火) 07:18:08 | URL | 双子finder #-[ 編集]
予想外の展開に味噌汁吹いた
2007/11/13(火) 18:51:00 | URL | 名無しのリダンツァ #-[ 編集]
お前の夢すげえ
2007/11/15(木) 03:34:16 | URL | 名無しのリダンツァ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ftgfinder.blog103.fc2.com/tb.php/193-b694a7a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。