名倉F●ckers ~幽体離脱夢精奇譚~

★☆★ 幽体離脱や明晰夢で欲望叶えようぜ ★☆★ 体外離脱(幽体離脱)法、夢見法、イメージトレーニング、離脱日記、夢日記、名倉(離脱後の世界)の探究、双子(体外離脱誘導サウンド)等の離脱補助アイテムの開発

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夢の中でMMRに会ってきた
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
夢の最初の方はかなりカオス状態だった
ハッキリとは思い出せない

それからしばらくして気づくと俺は車に乗っていた
左ハンドルの車でMMRのナワヤが運転していて
キバヤシが助手席に座っていた

キバヤシがバックミラー越しに俺に話しかけてきた

キバヤシ「それじゃ、君の体験したことを話してくれないか」

その言葉と同時に俺は見たことのないビルの前に立っていた
おもむろに中に入る俺

入るとすぐ正面と右にエレベーターが二基あった
しかし妙なことにスペース的には三基分なのだ
左側のあるべき位置にエレベーターが無い

怪しいと思い壁抜けすると中にエレベーターがあった
入ると同時にエレベーターが動き出して
しばらくして扉が開いた

なんとなく嫌な予感がしたので自身をプレデターのように
透明にしてさらに液状化した

エレベーターから出ると幅の広い真っ白な廊下が続いていた
天井には監視カメラが備え付けられている
突き当りには立派な扉があった

扉を壁抜けすると中はパーティー会場だった
白いテーブルクロスをかけられた丸テーブルが並んでおり
人々はワイングラスで白銀のような色の液体を飲んでいた
そして扉と反対側には舞台があり、イメージ的に
女王といった感じのロングドレスを着た女が立っていた
その背後には巨大モニタ-が設置されていた

モニターには奇妙な仮面のようなものを被せられている
少年たちが収監されていた

俺はもっとよく見ようと舞台に近づいた
ビィーッビィーッ
突如警報が鳴り響いた

女王「曲者じゃ、出会えい」

その言葉とともに衛兵らしき人たちが駆けつけた
慌てて逃げる俺、騒然とする会場

女王「これ、お前らも手伝わんか」

女王が会場にいた客にも呼びかけた
そして会場全体でドジョウすくい大会が始まった
何度もすくわれそうになたが何とか会場の外に脱出

廊下を流れていくとちょうどエレベーターが開いた
と思ったら中の奴が投網してきた
何とか投網をかわしてエレベーターの扉の隙間に流れ込んだ
そしてエレベーター内の壁面を伝いビルの外に脱出

ここで目が覚めた

~実は続く~
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ftgfinder.blog103.fc2.com/tb.php/154-89a4885f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。