名倉F●ckers ~幽体離脱夢精奇譚~

★☆★ 幽体離脱や明晰夢で欲望叶えようぜ ★☆★ 体外離脱(幽体離脱)法、夢見法、イメージトレーニング、離脱日記、夢日記、名倉(離脱後の世界)の探究、双子(体外離脱誘導サウンド)等の離脱補助アイテムの開発

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やべえ、否定法我ながらすご過ぎ
特に完全覚醒状態からやって
3/3で強前兆以上逝ってる
二度寝時とか頭がぼんやりしてる時は
今のところ全く成功してないが

今日は朝起きて太陽の光浴びて飯食って
ニュース見て完全に目を覚ましてから
永夜抄法の状態の部屋に戻って否定法開始
戻ってくるまでの所要時間は40分ほどだった
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
気づくと何も見えない暗黒の空間にいた
床の感覚だけはある
少し歩くと床が途切れていた、その先には何も無い

そこで何も無い空間に向かって飛び降りようとしたのだが
見えない力に押し戻されて飛べない
なので今度は逆を向いて走ろうとした

いたっ

すぐに壁にぶつかった
壁をぺたぺた触りながら一回りした
家具は消えていたがどうも俺の部屋のようだ
ドアがあるはずの方向へと進むとドアノブがあった

部屋から出るとともに視界回復
すぐに手を確認しつつ
階段を下りて洗面所に向かう

途中でベッド上のリアル体(?)の感覚出現
リアル体の腰が痛くなった
幻体に意識を集中させつつリアル体をずらしたら
痛みが消えてリアル体感覚消失

ふと、便所で用を足したら大変なことになるんだろな
などと思いつつ便所の扉を開けてみた
なぜか便器の中に消火器が鎮座していた
とりあえず消火器をゲット

洗面所に入ってみた
今日の鏡はわりかしまともだった
鏡に映った右手の薬指が途中から無くなっていたが
触ってみると存在していた

「うどんげー、出てきてー」
何も現れない

ここでふと、いきなり見ず知らずの他人になれなれしく
あだ名で呼ばれても出てこないんじゃねーか
と思った

「鈴仙さーん、いますかー?」
その途端、右後ろにもやっとした人影が映った
振り返ると…いない
再度呼びかけるとまた映った
しかし振り返るといない
もう一度呼びかけた後、風呂場を改めることに
(鏡に向かって右後ろに風呂場)

風呂場を空けるとそこにいた

幼稚園児くらいの幼女がorz

俺「えーと…君は?」
幼女「れいせん、うどんげいん、いなば」

…どう見ても違う、髪黒いし
と思ったら髪の間から申し訳程度に小さいウサギ耳が出てた

満月見せたら成長&変身しないかなーと抱えあげる
とりあえず鏡に突入してみようとしたところでフェードアウト

寝るときの体勢が悪かったのか背中がいてえ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
想像して萌えた。
2007/08/27(月) 23:47:07 | URL | 名無しのリダンツァ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ftgfinder.blog103.fc2.com/tb.php/135-11ff60e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。