名倉F●ckers ~幽体離脱夢精奇譚~

★☆★ 幽体離脱や明晰夢で欲望叶えようぜ ★☆★ 体外離脱(幽体離脱)法、夢見法、イメージトレーニング、離脱日記、夢日記、名倉(離脱後の世界)の探究、双子(体外離脱誘導サウンド)等の離脱補助アイテムの開発

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
部屋を真っ暗闇にして耳栓して早めに寝て
深夜に起きてそのまま離脱する予定だったんだが
思わぬ長期明晰夢を見たので離脱しないで記録することにした
記憶は起きてからところどころ曖昧になった

夢の中では現在の俺の置かれてる状況を把握しつつ
過去に入り込んで生活してた
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

気がついたら小学校の廊下
俺.oO(過去に入り込んだ?俺は離脱したんだっけか?)

とりあえず近くの教室に入った
小学校の頃の同級生がそのままいた
どうやら小6だった
自分の席が分からず、きょろきょろする俺

休み時間が終わってみんなが席に着いたので自分の席判明
教室右後ろから2×2番目だった
俺.oO(そういやここの席のことがあったな)
隣の女子も過去通りだった
日付は6月24日

授業は簡単だった、当たり前だが
体育があったので着替え中に一応胸を鑑賞した
小学生でも発育いい子は胸がちゃんとあるなーと感心

その後、塾行って家帰って飯喰って寝た

次の日はちゃんと6月25日だった

退屈な授業を受けて昼休み
とある女子に、急に大人っぽくなったねーと言われた

そりゃー、現実の俺は社会人だからなー
ってか、これ走馬灯みたいなもんなのかな?
どのくらい滞在できるんだろ?

ってなことを考えていたら、時が加速して
7月3日の教室になってた

時を加速できんのか…
めんどくさいからもっとすっ飛ばすか…

気がつくと中学校
しかし、男子校だったのでむさ苦しい
エロ本を鑑賞した後、再び時を加速

気がつくと受験票を手にして赤門の前にいた
俺.oO(ん、俺東大を受けることになってんのか?)

とりあえず、中へ入る
と思ったら中から人が大量に出てきた
そして後輩と出くわした(ただし、院の時の後輩だった)

後輩「あっ先輩、どうでした?」

この瞬間に自分の置かれている状況を理解した
どうも慢心していたせいで大学受験に失敗して1年浪人して
今回は寝坊して試験に遅れたようだ

俺\(^o^)/オワタ

何かどんどん転落していく気がするなー
この先も酷い人生になりそうなので現実に戻るか

てなことを考えてたら目が覚めた

ちなみに時を加速してる最中は
間がすっぽり抜け落ちるって感じではなく
情報が超高速で行きかう感じ
ただ、把握することはできなかった
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ftgfinder.blog103.fc2.com/tb.php/121-1ebad33e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。