名倉F●ckers ~幽体離脱夢精奇譚~

★☆★ 幽体離脱や明晰夢で欲望叶えようぜ ★☆★ 体外離脱(幽体離脱)法、夢見法、イメージトレーニング、離脱日記、夢日記、名倉(離脱後の世界)の探究、双子(体外離脱誘導サウンド)等の離脱補助アイテムの開発

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3時に双子聞きつつ、離脱挑戦して
短期離脱→息苦しくなってフェードアウト→コンティニュー
ってのを6回ほど繰り返した
そして偽りの目覚め突入
(コンティニュー時の何回かは今思うと多分偽りの目覚め)

双子を聞いてるままだった
パソコンの画面に何やら面白そうなゲーム風のアイコンがある
何故か迷わずダブルクリック

その瞬間、テーマパークの入り口のようなところに飛ばされた
今までの離脱の過程とかも全て記憶は持ったままだ
偽りの目覚めとも気づいていない

そして脳内にアナウンスが流れてきた

「この度は当催眠テーマパークをご利用いただき
まことにありがとうございます」

その後、色々な説明があった
どうも催眠を利用して脳内に仮想空間を作って
楽しんでもらおうって言うものらしい

「本サービスは有料です。本サービスを利用したくない方、
催眠にかかりたくない方はヘッドホンを外してください」
とも言っていた
もっとも、催眠に深くかかっているのか
リアル体がどこにあるのか分からなかったが

どうしようかなーって思って佇んでいると
一人の男が話しかけてきた

男「君、もしかして初めて?」
俺「いやー、そうなんですよ。なんか有料らしいし
どうしたもんか…」
男「ここまで来てしまったら出る時にお金かかるよ」
俺「え?そうなんですか?困ったな」
男「君、初めてなんだろ?俺が立て替えてあげるよ
ちなみにこの園内のアトラクションや食事をいくら利用しても
変わらないからどんどん利用した方が良いよ」
俺「どうもありがとうございます」

その他、細かいことを聞いた
この空間を作ってるソフトは使用者をモニターして
インターネットを通して通信しているらしい

こうして親切な青年と共に園内のアトラクションを楽しんだ
ホントは女の子とが良かったが…
食事もした うまかっ です

一通り回った

俺「そろそろ戻りたいんですけど…」
男「じゃあ、お金払ってくる」
俺「すみません、お願いします。
あっ、どうやって返せばいいですか?」
男「今度来た時でいいよ、おそらくもう一度以上は来るだろうし」

そういうと男は窓口のようなところで支払いを済ませた

その瞬間ベッドに戻った

面白かったので、今度は財布を握り締めて
再度ダブルクリック

その瞬間また、園内にワープ
あの男は見当たらなかった

そうと決まればナンパだ
俺は園内の湖を航行する船に乗った
船内を物色していたら女の子がいきなり声をかけてきた

女「あなた、一人?もし良かったら一緒に回らない?」

何というタナボタだ

その後、一回りして食事をしていたのだが
リアルで周りの布団とか食ってるんじゃないだろうな?
と思ったら急に気分が悪くなってきた

女「どうしたの?顔色悪いよ。もしかして
ネガティブな想像しなかった?ここではちょっとでも
悪いことを考えるとその影響が増幅されるよ」
俺「うん、現実で布団食べてやしないかと…」
女「あるある、ちょっと休もうよ」

そしてベンチへ
女「あまり無理しない方が良いよ
もう戻った方が良いかも」

女「あ、その前に連絡先教えてよ」

こうして携帯の番号、メアドを交換した
そして窓口で料金を支払った
何故かドルに両替させられてドルで支払わされた

そしてベッドへ戻った
布団も何も食ってなかった

後編に続く~
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
すっげえ先が気になる。おもろいわ
グラタン的な匂いを感じるぜ…
2007/07/26(木) 12:35:14 | URL | 小野妹子 #-[ 編集]
布団 うまかっ です
2007/07/26(木) 17:13:59 | URL | 名無しのリダンツァ #-[ 編集]
その女性から電話はきてないのかい?もし来たらオフ成功だな
2007/07/26(木) 20:20:58 | URL | 名無しのリダンツァ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ftgfinder.blog103.fc2.com/tb.php/105-b92603e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。