名倉F●ckers ~幽体離脱夢精奇譚~

★☆★ 幽体離脱や明晰夢で欲望叶えようぜ ★☆★ 体外離脱(幽体離脱)法、夢見法、イメージトレーニング、離脱日記、夢日記、名倉(離脱後の世界)の探究、双子(体外離脱誘導サウンド)等の離脱補助アイテムの開発

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ごぼうレーヴァテイン~続きその1~

美少女についていき、屋敷内を歩いて張り紙の張られた部屋の前に着いた
張り紙には「この部屋入るべからず」と書かれている
俺「この部屋に入ればいいの?」

コクッとうなずく美少女

俺「んぎぎ」

引き戸を開けようとするもビクともしない
と思ったら、美少女はすーっと壁抜けして中に入った
それに習って俺も壁抜けで中に入った

その部屋の中央には大きな黒い岩が置かれており
その周りには4本の金属の支柱が立っており
支柱の上部分に注連縄が結ばれて岩を取り囲んでいた
ちなみに扉はつっかえ棒によって外から開かないようになっていた

美少女が岩に手をついた

美少女「わらわはこの地に封印されておるのじゃ」
俺「やはり座敷わらし?」
美少女「人間がどう呼ぼうと勝手じゃ
 それよりもこの封印を解いてくれたら、そちの望むものを与えるぞ」
俺「望むもの、ねぇ…」

ジーッ
それにしてもこの子可愛いなー、と思って見ていたら
顔をそむけつつ、ちょっと赤らめた

美少女「わ、わらわでも良いぞ」
俺「よし、任せろ」

注連縄を引きちぎろうとしたり、支柱を引っこ抜こうとしたが、全然歯が立たない
さてどうするか…

俺「そうだ、この家の台所ってどこにある?」
美少女「台所か?それならば…」

袖口から紙と筆を出してサラサラと書き始めた

美少女「この○印が今いる部屋じゃ、扉を出たらこう行ってこう行って
 この×印が台所じゃ」
俺「じゃあ、ちょっと行ってくる」

俺は外に出ようとつっかえ棒に手をかけた

美少女「ちょっと待つのじゃ」

美少女が岩から手を離して近づいてきた
そして両手を出して下にパタパタしてる
どうもしゃがめという合図らしい
岩から手を離すと喋れないようだ

しゃがんで美少女と同じ頭の高さにして期待して待っていると
何だか困っている様子だ

ズブシュ
俺「んぎょあああああっっっ」

いきなり目潰しされた

俺「何すん…んっっっ」

文句を言おうとしたところで肩に手を回されてキスされた
そして美少女が離れる

美少女「目を開けていては恥ずかしいではないか」

なんと可愛らしくて大胆不敵なんだ、と萌えた

美少女「そちに僅かながらわらわの神通力を与えた」
俺「と、いうと」
美少女「そちの元々持っている能力が増強されたはずじゃ」
俺「ふーん?」

いまいち実感が無いのだが、パワーアップしたらしい

俺「じゃ、行ってくるからちょっと待っててね」

つっかえ棒を外して外に出る

「あなた、その部屋で何をっ?誰かーーーーっ!!」

出た瞬間、廊下にいたメイドに見つかった
ちなみに初めのメイドとは別の人だった

「曲者だーっ」
「出会え出会えー」

こちらに向かってくる男の声と足音がした
とりあえず台所の方へ走って逃げつつ後ろを見ると
槍を装備した足軽が追いかけてきていた

少し走って開いていた近くの部屋に入る
すかさず、隣の部屋に壁抜け

「この部屋かー」
「おのれ、どこへ隠れたー?」

気にせずに壁抜けしていって台所にたどり着いた
ちょうど誰もいなくて幸いだった
こちらとしても無益な殺生はしたくないからな

さっそく台所のコンロの火をつける
何か松明のように燃える物が無いかとあたりを探すがちょうどいいものが無い
冷蔵庫を開けるとごぼうが目に入った

燃えるかなと思いつつ、火にくべる
すると火はついたものの、すぐに燃え尽きてボロボロになった
うーむ、どうしたものか…

俺はサラダ油をごぼうに振り掛けて燃やしてみた
すると、ごぼうが勢いよく燃えた
しかも、何故か燃えつきたはずの部分にも炎がとどまった
まるで炎の剣だ

俺「よし、お前は今日からレーヴァテインだ!分かったな」

俺はごぼうに設定を自覚してもらうために声をかけた
ためしに振ってみると、炎が宙を飛んでいった
一瞬、格好いいと思ったが、柄はごぼうのままだった

俺はレーヴァテインを握って台所を出た

「いたぞーーー」

曲がり角を曲がったところで見つかって、足軽達がこちらに走ってきた

俺「ワハハハハ!この伝説の剣レーヴァテインを特と味わえいっ!!」
足軽「ごぼうか?気でも違ったかこいつ?」
俺「うるさい、黙れ」

ブンッ
振り下ろすとちゃんと炎が飛んでいって足軽の一人に火がついた
周りの足軽は傍にあった箒でバンバン叩いて必死で消火していた

足軽「気をつけろーーー。敵は妖術を使うぞー」

足軽が引いていく

俺「ハッハッハー!楽勝っ!!!」
足軽「鉄砲だ!鉄砲を持てーい!」
俺「え?」
足軽「構えーーー」

廊下の向こう側にしゃがんで鉄砲を構えているのが見えた
慌てて身を隠すとすぐに、ドンッドンッドンッ
と爆発音がして壁に穴が開いていた

廊下は強行突破できそうに無いので天井裏へ飛び
天井裏をひたすら走った
このあたりだろうか?ビンゴ!

天井裏から下を覗くと、ちょうど封印されている部屋だった
扉は閉まっているが、槍を持った足軽が二人並んで岩の前に立って
入り口を睨み付けている
美少女は岩の上に座っていた

俺はレーヴァテインを口に咥え、二人の間に降り立って二人と肩を組んだ
俺「警護ご苦労」
足軽「なっ…」
俺「はい、喋らないでね」

喋ろうとする前に口を塞ぎ、両手を二人と一体化させる
そして両手から二人を吸い取った…ンマイッ!!!
手のひらで味を感じ、腕の中心で喉越しを感じ、胃へ流れ込んでくる
それはスポーツドリンクのような爽やかで甘い味だった

美少女が輝きに満ちた瞳で俺を見てきた

俺「まあ見てて」

俺はレーヴァテインを握り締め真上に振りかぶり、注連縄に打ち下ろした

俺「ありゃ?駄目か?」

レーヴァテインの炎が注連縄を何事も無く素通りした
と思ったら切った場所から光が放出された
そして注連縄が、パンッという音とともに弾けた
そして美少女が岩から飛び降りると、ズガガッという音とともに岩に亀裂が入った

「何だ?どうした?」

外から声がした

俺「何でもないよぉー」
「賊だーーーー」
俺「やっぱバレたか」

すかさず俺はつっかえ棒をした

「開けろーーー」
ドンドンッ

ほっといて、部屋の中を見ると、赤い光球が出てきていた
その光球が美少女の胸に取り込まれた
すると髪が黒くなり、瞳が赤くなり、おぼろげだった体が完全に実体化した
そして俺に抱きついてきた

美少女「キャー、ありがとー」
俺「よしよし…それじゃ脱出するか」
美少女「私に任せて!ダーリンは下がっていて」

口調も変化した美少女が手を斜め上にかざして呪文のようなものを唱え始めた
すると、極太の青白いビームが発射され天井を吹っ飛ばして空が見えた

美少女「ねえ、抱っこ」

美少女が飛びついてきた

俺「このごぼう邪魔だな…」
美少女「捨てちゃえばー」
俺「そうだね、ポイっと…」

俺は美少女をお姫様抱っこして飛んだ
少し飛んで後ろを振り返ったら、なぜか屋敷が炎上していた

俺「やはり、今まで無理に幸運を引き寄せていた反動で不運に見舞われてしまったか」

その後セックスした
気持ち良かったところで目が覚めた

-めでたしめでたし-
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
これなんてエロゲ?

ところでレーヴァテイン的な技は元々使えたのかな?
もし今回が初めてだったら次回以降も任意で使えるようになってるか興味ある
2009/05/10(日) 08:00:14 | URL | 名無しのリダンツァ #-[ 編集]
今回の出来事がきっかけになってレーヴァテインや女の子がまた出てくるかもな。
2009/05/10(日) 23:31:01 | URL | スルト #-[ 編集]
やっぱ双子の日記が一番おもろいわ
もっと更新頻度上げてくれ
2009/05/11(月) 00:27:58 | URL | 名無しのリダンツァ #-[ 編集]
PCからこんにちは
この娘はまた再登場しそうだな
てかしてほしいな

うぉおおおおおっっ!
俺のモチベーションが見る見るうちに上がっていくぅぅぅっっ!!
2009/05/11(月) 18:28:06 | URL | グリ #-[ 編集]
モチベあがった
2009/05/11(月) 20:00:20 | URL | 名無しのリダンツァ #-[ 編集]
おめでとう
2009/05/11(月) 22:16:15 | URL | 名無しのリダンツァ #-[ 編集]
少女が変わったのが残念だ。とても。とてもだ。
2009/05/13(水) 00:54:51 | URL | 名無しのリダンツァ #-[ 編集]
名倉で会おう
2009/05/18(月) 22:35:52 | URL | 名無しのリダンツァ #-[ 編集]
吸い取ったワロスwww
2009/05/28(木) 21:50:02 | URL | 名無しのリダンツァ #-[ 編集]
1ヶ月経ったぞぉ
更新まだかぁ
2009/06/10(水) 01:44:56 | URL | 名無しのリダンツァ #-[ 編集]
双子生きてるぅー?
2009/06/21(日) 23:55:52 | URL | 名無しのリダンツァ #-[ 編集]
少女に取り込まれてしまったか・・・
2009/06/27(土) 21:37:55 | URL | グリ #-[ 編集]
もしかして、死ん……
いや、まさかそんなことある訳ないよな
2009/06/28(日) 20:05:28 | URL | 名無しのリダンツァ #kmtdRMCw[ 編集]
このブログが残ってるんだし
生きているとは思うけど・・・
ココロ
精神はどうかな・・・ククク・・・
2009/06/28(日) 23:58:15 | URL | グリ #-[ 編集]
双子よ…安らかにな……
2009/07/01(水) 00:00:18 | URL | 名無しのリダンツァ #-[ 編集]
もうすぐ二ヶ月か…
これはもう駄目かもわからんね
2009/07/05(日) 22:38:30 | URL | 名無しのリダンツァ #-[ 編集]
双子が永久離脱しただと…
2009/07/06(月) 00:36:13 | URL | 名無しのリダンツァ #-[ 編集]
ウッジューの後を追ってしまったか…

いや名倉の女のケツを追って(ry
2009/07/06(月) 15:00:18 | URL | 名無しのリダンツァ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/05/22(水) 15:46:06 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ftgfinder.blog103.fc2.com/tb.php/438-1935be27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。